在籍確認・勤務先電話連絡なしで即日融資可能なカードローン

カードローンの申し込みをすると、カードローン会社から勤務先への在籍確認が行われます。

しかし、融資の申し込みを内緒にしたい場合、職場への在籍確認の電話は不安な要素の一つとなってしまいますね。

また、即日融資を希望していても、在籍確認があることで審査に時間がかかり融資が翌日になってしまうということもあります。

そんな時、在籍確認なしでスピーディーな審査が可能なカードローンがあると嬉しいものです。

そこで、ここでは在籍確認や勤務先への電話連絡がなく、即日融資も可能なカードローンを紹介していきます。


在籍確認のない即日融資可能なカードローン

即日融資が可能なカードローンは複数あります。

しかし、どれも消費者金融のカードローンとなります。

銀行カードローンは、以前は即日融資も可能だったのですが、2018年1月より反社会的勢力との関りを断つことを目指し、審査の際に金融庁のデータベースと照合をしなければならなくなりました。

データベース照会には数日かかってしまうため、申し込んだその日のうちに審査結果の回答をし、即日融資することができなくなったのです。

2019年の今現在は、即日融資が可能となるのは消費者金融のカードローンのみと言えるでしょう。

しかし「即日融資可能」で、かつ「電話連絡もないカードローン」となると、さらに限られてきてしまいます。

現段階では「SMBCモビット」のカードローンのみと言えるでしょう。

他の消費者金融でも、申し込み内容などによっては在籍確認がないまま即日融資が可能になるケースもありますし、相談することで在籍確認なしで対応してくれる場合もありますが、審査をしてみないことにはどうなるかわからない部分があるため、「絶対」とは言い切れません。

そこで、まずは「電話連絡なし・即日融資」が可能なSMBCモビットについて、詳しくお話していきたいと思います。

SMBCモビット

SMBCモビットでも、申し込みがあった場合、基本的には勤務先へ在籍確認の電話をしています。

しかし「WEB完結申し込み(電話連絡なし、郵便物なし、カードレス)」をした場合に限り、電話連絡なしで審査を進めることができるのです。

どうしても職場への電話連絡を省きたいという場合は、SMBCモビットのWEB完結申し込みをしてみるといいでしょう。

SMBCモビット WEB完結申し込みの条件

WEB完結申し込みをするためには、以下の3つの条件をクリアしなければなりません。

以下のいずれかの口座を持っていて、その口座をSMBCモビットからの振り込み貸付と口座振替返済に利用できること。
・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・ゆうちょ銀行

以下のいずれかの保険証を持っていること。
・社会保険証(全国健康保険協会が発行しているもの)
・組合保険証(各企業の健康保険組合や公務員の共済組合などが発行しているもの)

以下の全ての書類を提出できること。
・本人確認書類(運転免許証やパスポート)
・現在の収入を証明できる書類(源泉徴収票、所得証明書、確定申告書、給与明細書直近2か月分など)
・勤務先を確認できる書類(健康保険証や給与明細書など)

この3つの条件をクリアでき、WEB完結申し込みが可能となった場合、審査に問題がなければ電話連絡なしで融資が可能となります。

SMBCモビット振り込み受付時間と融資実施時間

WEB完結申し込みの場合、振り込みによる融資となるのですが、受付時間によっては即日融資も可能となります。

振り込みは振り込み先の金融機関がどこになるかによって融資実施時間に違いが生じてきますが、基本的には平日の14時50分までの受付分が即日融資の対象となります。

審査に時間がかかることもあるため、即日融資を希望している場合は、なるべく早い時間帯に申し込みを済ませるようにすると安心です。

振り込み受付時間と実施時間は以下の通りです。

・平日 0時~9時半までの受付・・・当日9時半ごろの振り込み実施。(※金融機関によっては、受付完了後3分で振り込み実施)

・平日 9時半~14時50分までの受付・・・受付完了から最短3分で振り込み実施。

・平日 14時50分~23時59分までの受付・・・翌営業日の9時半頃振り込み実施。(※金融機関によっては、受付完了後3分で振り込み実施)

・土日祝日の受付・・・翌営業日の9時半頃振り込み実施。(※金融機関によっては受付完了後3分で振り込み実施)

SMBCモビット WEB完結申し込みのメリット

WEB完結申し込みとすることで、勤務先への電話連絡ナシというメリットがありますが、その他にも以下のようなメリットが得られます。

①自宅への電話連絡なし
勤務先への電話だけではなく、自宅への電話連絡もありません。

連絡は全てメールで行われるため、家族に知られたくない借り入れも安心ですね。電話が苦手と言う方も、メールでやり取りできると安心です。

②郵便物なし
申し込み書も契約書も全てインターネット上で交付されるため、郵便物は発生しません。

カードも発行されないため、カードが後から自宅に送られてくることもありません。郵便物の受け取りで家族に借り入れがばれてしまうということもないので安心ですね。

③カードレス取引
カードレスの取引となるため、カードを受け取りに自動契約機へ行く必要もありませんし、カードが送られてくるまで待つこともありませんね。

振り込みによる融資になるため、振り込みの受付時間によっては、申し込んだその日のうちに融資も可能となります。

④スピーディーかつ手軽な融資・返済
振り込み手続きをすると約3分で融資が完了します。更に返済も口座振替となるため、振り込み手続きをしたりATMまで行く必要もありません。

SMBCモビット WEB完結以外の即日融資

WEB完結ではなくても、以下の方法で即日融資は可能です。ただし、WEB完結ではない場合、基本的には在籍確認が行われます。

WEB完結申し込みができないけれど、在籍確認を省いてほしいという場合は、審査の状況しだいでは別の書類提出で対応可能となることもあるため、SMBCモビットへ電話で相談してみるといいでしょう。

WEB完結以外は、申し込み後にSMBCモビットから、申し込み内容を確認するための電話連絡があります。その時に在籍確認を省けないか聞いてみるといいですね。

WEB完結以外の即日融資の方法

①ローン申込機・ローン契約機を利用
インターネットで申し込み、その後ローン申込機か三井住友銀行内のローン契約機でカードを受け取り、契約まで済ませることができれば、全国の提携ATMからキャッシングすることができます。

24時間利用可能なATMもあるため、審査に通過しカードを受けとることができれば、いつでも自由に出金可能となります。

②スマホATM取引
インターネットで契約まで済ませ、スマホアプリをダウンロードすると、スマホがカード代わりとなります。

スマホを持ってセブン銀行ATMまで行くことができれば、スマホアプリを使ってATMからキャッシング可能です。

セブン銀行のATMはメンテナンス時を除き、24時間365日利用可能なので、営業時間内に契約を完了させるといつでも借り入れができます。

即日融資可能で在籍確認を省くことができるカードローン

銀行はもちろんのこと、大手消費者金融も中小の消費者金融も、申込内容に嘘がないかを確認するため、勤務先へ確認の電話(在籍確認)を行っています。

申し込み内容等によっては省かれる場合もありますが、どうなるかは申し込んでみないと分からないため、「基本的には在籍確認はある」と考えておいた方がいいでしょう。

ただし、事前に相談することで在籍確認を省いてもらえる場合もあります。

ここでは、在籍確認を省くことができる可能性のあるカードローンについてお話していきたいと思います。

プロミス

プロミスでは、基本的には在籍確認は行われます。

しかし、即日融資を希望しているけれど、申し込んだ日が勤務先の休業日だという場合など、在籍確認が取れない状況の場合は、社名の入った健康保険証や給与明細書などを提出ができれば、電話連絡を省くことができる場合もあります。

まずはプロミスに電話で相談してみましょう。

ただし審査の状況によっては、在籍確認を省くのではなく、書類での確認によって先に融資はするものの、後日勤務先が営業しているときに改めて在籍確認を行うという場合もあります。

また、その逆で申し込み内容によっては在籍確認を行わずに融資できるケースもあります。

全ては融資申込者の申し込み内容や審査状況によって変わってくるため、申し込んでみないと分からない部分がありますが、不安な場合は、申し込む前にプロミスに電話をかけて相談してみるといいでしょう。

プロミス 即日融資の方法

プロミスの即日融資の方法は以下の3種類です。

①振込キャッシング
20時頃までに申し込みを済ませ、契約手続きを完了させることができると、振り込み先の金融機関によってはメンテナンス時を除き、24時間365日手数料無料で即日振り込み融資が可能になります。

以前は、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行等、振込先の銀行が限られていましたが、現在は多くの金融機関への24時間振込が可能となりました。
振り込み希望の金融機関を検索できるようになったので、以下のサイトからご確認ください。

金融機関一覧表

ただし、金融機関によっては振り込み実施時間が違ってくるため、平日の14時までに手続きを完了させないと即日振り込みが難しくなることがあります。

②アプリローン
インターネットで契約完了後、プロミスの公式アプリをダウンロードすると、セブン銀行ATMからカードレスで即日キャッシングが可能となります。

セブン銀行はメンテナンス時を除き、24時間365日利用可能なので便利ですね。

③自動契約機、店頭
プロミスの自動契約機や有人店舗で契約をして、カードを受けとることができれば、ATMから即日キャッシングが可能となります。

プロミスATMは年中無休ですし、24時間365日利用可能な提携ATMもあるため、カードを受けとることができればいつでも借り入れ可能ですね。

即日融資を希望する場合は、このような方法で契約を行うといいでしょう。

更に借入希望額を少なめにすると在籍確認が行われない可能性が高くなります。ただし、絶対に省けるというわけではないので、プロミスに相談することが大切です。

プロミスでは「借り入れ日の翌日から30日間無利息」と言うサービスも用意されているため、短期間での完済が可能な場合はこのようなサービスがある消費者金融を選ぶとお得ですね。

アコム

 
アコムでも、申し込みがあると必ず在籍確認は行われますが、審査の状況と担当者の判断によっては以下のように対応に違いが出てきます。

・在籍確認(電話連絡)ができないと融資見送り。
・在籍確認ができない場合は先に融資して後日に電話連絡。
・社名の入った書類提出により在籍確認をして融資。

しかし、あらかじめ電話で「在籍確認をしてほしくない」とアコムに希望を伝えると、会社から発行されている健康保険証などの提出のみで、電話連絡なしの在籍確認をしてくれる場合があります。

まずはアコムに電話をかけて、「勤務先が休業日で在籍確認(電話連絡)ができない」「勤務先に電話をかけてほしくない」など、その時の状況を伝え、相談してみることが大切です。

WEB申し込みだと1度も担当者と話をせずに審査が進んでしまうため、形式的な対応となってしまいます。在籍確認に関して個別の対応をしてほしい場合は、面倒でもアコムに電話をかけて話してみましょう。

アコム 即日融資の方法

アコムの即日融資の方法は2種類あります。

①振込キャッシング
・楽天銀行へ振り込みの場合・・・初回は20時45分までに申し込み、その日のうちに契約が完了すると、24時間(0時10分~23時50分)振込融資可能となります。2回目以降は24時間(0時10分~23時50分)いつでも振り込み依頼・振り込み融資可能です。

・三井住友銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行への振り込みの場合(初回限定)・・・平日18時までに振り込み手続きが完了すると、その日の19時までに振り込み実施可能となります。

・その他の銀行への振り込みの場合・・・平日14時半までに振り込み手続きが完了すると、即日振り込み融資が可能になります。

②自動契約機(むじんくん)、店頭
20時45分までに申し込みを済ませ、営業時間内に自動契約機(むじんくん)に行き、カードを発行してもらうことができると、ATMから借り入れが可能となります。

有人店舗でも契約ができますし、カードを発行してもらうこともできますが、平日の18時までの営業となっているため、有人店舗へ行く場合は早めに申し込みを済ませておくことが大切です。

アコムATMは定期点検を除いて、24時間365日利用可能なので、カードを受け取ることができるといつでも借り入れできますね。

アコムで即日融資をしてもらう場合は、このような方法で、さらに借り入れ額をなるべく少なめに申請すると、電話連絡ナシにしてもらえる可能性も出てきます。

アコムではスマホアプリを使ったスマホATM取引は行っていませんが、初回限定で「契約日の翌日から30日間の無利息サービス」が用意されています。

契約後すぐに借り入れし、30日以内に完済できる場合は金利0円になるためお得ですね。

アイフル

アイフルでも基本的には在籍確認の電話連絡が行われますが、審査状況によっては電話連絡を省いて審査を進める場合もあります。

正社員、公務員、高収入など好条件の場合に限らず、アルバイトやパートの方でも、個人信用情報や申し込み内容などに問題がなければ省かれることもあるため、過去の借入状況や収入、勤務先などに問題がない場合は在籍確認の電話連絡が行われない可能性が高くなるかもしれません。

ただし、どのような状況だと絶対に電話連絡が省かれるということはわからないため、在籍確認はあるものと考えておいた方が安全です。

しかし、どうしても在籍確認の電話連絡を省いてほしいという場合は、アイフルに相談すると、社名の入った給与明細書や健康保険証、パートの場合は雇用契約書などを提出することで、電話連絡なしで審査を進めてくれることもあります。

また、土日など勤務先がお休みで在籍確認の電話連絡ができないという場合も、同じように書類提出によって電話連絡を省く場合もありますし、審査に問題がなければ、勤務先へ電話をかけて回線がつながるかの確認が取れたら融資可能となることもあります。

個別に相談することで柔軟な対応をしてくれるアイフルですので、不安な場合はまずは電話をかけて聞いてみましょう。

アイフル 即日融資の方法

アイフルの即日融資の方法は以下の3種類になります。

①振込キャッシング
平日14時までに申し込みをして、銀行の窓口が開いている間に振り込みの手続きが完了すると振り込みによる即日融資が可能となります。

急ぎの場合は、申し込み後にアイフルのフリーダイヤルへ電話をかけると優先的に審査を行ってくれます。

また、「カードレス取引・口座振替返済」の登録を行うと、「カードレス・郵便物なし」のWEB完結契約になります。SMBCモビットのように電話連絡なし、と言うわけではないので、基本的には勤務先への在籍確認は行われますが、カードを受け取りに行ったり、郵便物を待つ必要がないのでスピーディーな融資が期待できますね。

②無人契約ルーム「てまいらず」
21時ごろまでに申し込みを済ませ、無人契約ロームの営業時間内に来店しましょう。契約が完了し、その場でカードを受け取ることができると、アイフルATMや提携のATMから借り入れが可能になります。

アイフルATMは年中無休ですし、24時間365日利用可能な提携ATMもあるため、カードを受け取ることができると即日融資が可能ですね。

③スマホアプリ
アイフルの公式アプリをダウンロードすると、申し込み手続きや必要書類の提出もできますし、契約後セブン銀行ATMまで行くとアプリを使ってATMから借り入れができるようになります。

カードレスの取引となりますし、セブン銀行ATMはメンテナンス時を除き24時間365日利用可能なので便利ですね。

アイフルでも、初めての契約の方向けの「契約日の翌日から30日間の無利息サービス」が用意されていますので、短期間の借り入れの場合、助かりますね。

レイクALSA

 
レイクALSAでも、審査の際に勤務先への在籍確認(電話連絡)が行われます。

WEB完結契約もありますが、SMBCモビットのように電話連絡なしと言うわけではありません。

しかし、勤務先がお休みで電話連絡による在籍確認ができない場合は、会社から発行されている給与明細書や社会保険証などを提出することで、電話連絡をナシにして審査を進めることもできるそうです。

ただし、書類さえ提出すると電話による在籍確認が省かれるという形式的なものではありません。

在籍確認が取れない状況や、勤務先へ電話をしてほしくない理由などをレイクALSAに伝え、相談することで、書類での対応をしてくれることもあるため、まずは電話をかけて事情を説明してみましょう。

レイクALSA 即日融資の方法

レイクALSAでの即日融資の方法は以下の3種類になります。

①振込キャッシング
平日は21時まで、日曜は18時までに契約手続きを完了させることができれば、即日振り込み対象の金融機関への即日振り込みが可能となります。

審査に時間がかかることもあるため、夕方くらいまでには申し込みを済ませましょう。

また、即日振り込み対象ではない金融機関の場合は、窓口が開いている時間までに振り込み手続きを完了させなければ即日振り込み融資とはならないので注意が必要です。

②新生銀行レイク自動契約機
レイクALSAでは、新生銀行の自動契約機を利用することができます。

新生銀行自動契約機へ行き、その場でカードを受け取ることができれば、全国の提携ATMから借り入れできるようになります。

自動契約機は土日祝日も営業していますし、24時間365日利用可能な提携ATMもあるため、カードを持っているといつでも借り入れ出来ますね。

③スマホアプリ
契約完了後、レイクALSAの公式アプリをダウンロードすると、セブン銀行ATMからカードレスで借り入れが可能になります。

セブン銀行は24時間365日利用可能なので便利ですね。

また、他社では提携ATMやセブン銀行ATMの利用の場合、利用手数料がかかりますが、レイクALSAの場合は、セブン銀行はもちろんのこと、どの提携ATMを利用しても手数料は無料です。

レイクALSAでは、選べる2種類の無利息サービス「借入額全額、最大30日間無利息」と「借入額5万円まで、180日間無利息」を用意していますし、ATMを使うたびにかかる手数料は全て無料となるため、利便性も高く嬉しいですね。

審査が順調にすすみ、さらに少額の融資の場合は、上記のような方法で「即日融資・電話連絡なし」となる場合もあります。

ノーローン

ノーローンでも、審査の際には勤務先への電話連絡による在籍確認を行う決まりとなっています。

しかし、電話連絡ができない状況(勤務先がお休みの時の申し込み)や、どうしても電話を避けたい理由などがある場合は、あらかじめノーローンに相談すると、以下のような書類提出で対応できる場合があります。

・会社名の入った社会保険証
・会社名の入った給与明細書
・その他、在籍していることがわかる書類

しかし、審査状況によっては在籍確認が取れないことで融資見送りとなってしまうことも考えられます。まずは在籍確認について不安がある場合はノーローンに電話で相談してみましょう。

ノーローン 即日融資の方法

ノーローンでの即日融資の方法は以下の2種類になります。

①振込キャッシング
初回は平日12時半(楽天銀行の場合は平日17時)までに契約の手続きを完了させると、即日振り込みキャッシングが可能となります。

また、2回目以降は楽天銀行口座への振り込みの場合、24時間振り込みが可能になります。

②新生銀行レイク自動契約機
ノーローンでは、新生銀行レイクの自動契約機を利用することができます。

自動契約機で契約しカードを受けとることができれば、カードを使って提携ATMから借り入れることができますね。自動契約機は土日祝日も営業していますし、年中無休の提携ATMもあるので安心です。

ノーローンは、スマホATM取引ができないのは残念ですが、「1週間何度でも無利息」という、他にはない無利息サービスが用意されています。

毎月給料日前になるとピンチだという場合など、短期間での完済が可能な場合はお得ですね。

在籍確認のQ&A

ここまでは電話連絡のないカードローンや、電話による在籍確認を省くことができるカードローンについてご紹介してきましたが、実際、在籍確認の電話はそれほど恐れる必要のあるものなのでしょうか?

在籍確認の電話がどのようなものかわからずに「不安だ」と思っている方も多いかもしれませんね。

そこで、在籍確認の方法などについてQ&A方式で詳しくお話していきたいと思います。

在籍確認はなぜあるの?

在籍確認には、以下のような目的があります。

・申し込み書に勤務先として記入した会社が実在するのか
・本当にその勤務先に在籍しているのか
・本当に申込書に記入してある通りの収入があるのか

などを確認したいからです。

お金を貸すからには、毎月定期的に収入がある方でないと確実な回収が期待できませんね。さらに融資額も収入に見合ったものでなければ、返済が困難になってしまうかもしれません。

そのため、収入減となる勤務先については嘘偽りがないかしっかりと確認しておきたいのです。

もちろん勤務先については、社名の入った収入証明書などでも確認できるのですが、人によっては収入証明書を偽装して、在籍していないのに在籍しているかのように提出することもあるのです。

また、実在しない架空の会社の収入証明書を作成して提出する場合もあります。

このような偽装も考えられるため、電話ではなく書類で在籍確認をするためには、提出されたその書類が正当なものなのかどうかをさらに確認する必要が出てくるのです。

そのような確認作業を行うよりも、実際に勤務先へ電話をかけて在籍確認をした方が早いですね。

今は即日融資などスピーディーさを求められている時代でもあるため、少しでも早い段階で確実な審査ができるよう、在籍確認は電話で行われているのです。

在籍確認はいつあるの?

在籍確認は審査の後半や最終段階で行われる場合がほとんどです。

電話をかけるということは、少なからず申込者に不安を感じさせてしまうことですし、消費者金融にとっても手間のかかる作業となります。

そのため、まずは書類で確認できる項目から審査を進めていくのです。

もし、申し込み内容や個人信用情報などに問題があれば、それだけで審査に不合格と判断できるため、在籍確認まで行う必要がありませんね。

もし審査の初めの段階で在籍確認を行う仕組みであれば、申込者全員の勤務先へ電話をかけなければならなくなりますが、審査の最終段階とすることで、在籍確認を行う方も減らすことができます。

ですから、逆に考えると、在籍確認があったということはそこまで審査が順調に進んでいるということになり、審査通過の可能性が高いと言えるのです。

ただし、中小の消費者金融では、仮審査の段階で在籍確認を行う場合もあるため、どの会社でも最終段階に在籍確認が行われるとは限りません。

不安な場合は申し込み会社に在籍確認のタイミングについて確認しておくといいでしょう。詳しい日時などは教えてもらえませんが、審査のどの段階で行うかは教えてもらえるかもしれません。

在籍確認はどのように行われるの?

在籍確認が不安な場合、在籍確認のないカードローンを申し込みたいものですね。

しかし、在籍確認は実はそれほど怖いものではありません。

多くの方は「職場の方に借り入れがバレるのでは?」「職場に不審がられるのでは?」と言う不安を抱えている傾向にありますが、どの消費者金融でも、借り入れの在籍確認だということは公表しませんし、借り入れの情報を伝えることもありません。

では、在籍確認はどのように行われるのでしょう?

その方法について一つずつ見ていきたいと思います。

①電話のかけ方

在籍確認の電話は、「プロミスです」や「アイフルです」等ではなく、「佐藤です」「高橋です」などと個人名で行われます。

もちろん、借り入れの情報等も伝えることはありませんし、勤務先に、消費者金融からの在籍確認の電話だとはわからないよう、配慮してくれます。

もし電話に出た担当者が「折り返しお電話いたしますので、御社名とお名前を伺ってもよろしいでしょうか」と聞いても、「プロミスの佐藤です」「アイフルの高橋です」などとは言いません。

「知り合いのものです。携帯電話の方にかけさせていただくので大丈夫です」や、「こちらからまた改めてお電話いたしますので、お戻りの時間を教えていただけますか」などと対応してくれます。

②申込者本人が電話に出た場合

本人が電話に出た場合は「在籍確認の電話でした」と伝え「引き続き審査をすすめてまいります」と電話は終了することがほとんどです。

消費者金融によっては、借り入れの意思確認や、いくつかの質問、個人情報の確認などをされる場合もありますが、その場合も簡単なやり取りで終了するため、電話は数秒、長くても数分程度でしょう。

③申込者本人が不在だった場合

その電話に本人が出なくても、「ただいま席を外しています」「本日はお休みをいただいています」「外回りに出ています」など、その勤務先に在籍しているということがわかる返答をいただければ大丈夫です。

直接本人と会話をしなくても、電話に出た方がこのような返答をするだけで在籍確認は終了するため、申込者本人も知らない間に終わってしまっていたということも少なくありません。

ただし、電話に出た方が「おりません」と言う回答をした場合、在籍していないのか、在籍しているけれど今日だけお休みなのかわかりません。そのため、「外出中ですか?」「明日はいらっしゃいますか?」などと質問をし、今現在在籍しているのかどうかを確認するようにしています。

そのため、電話に出た方がどう受け答えするかによって、質問数が増えるため、「急用だろうか?」「誰だろう?」と不審がられてしまう危険性もないわけではありません。

この場合は、電話受付の方に「外出中に私あての電話があるかもしれないので、外回りに出ていると伝えてください」など、あらかじめお願いしておくといいかもしれませんね。

ただし、「そのようなものは在籍していません」「退職しました」「休職中です」などの返答があった場合、当然のことながら在籍確認が取れないことで、審査に通過することができなくなってしまいます。

このように、在籍確認は申込者の個人情報はしっかりと守って行われるため、それほど心配する必要はありませんね。

もし勤務先に個人的な電話が来ることがタブーと言う職場ではない限り、特に問題なく在籍確認を終わらせることができるでしょう。

また、状況に応じて要望を伝えると、以下のような対応をしてくれることもあります。

・自分が出られる電話にかけてほしい
日時を指定したり、約束することはできません。しかし、申込者が働いている部署の直通電話へ電話をかけるということはできます。

・性別を指定
男性からかけてほしい、女性からかけてほしいなど、性別の指定があった場合は、希望の性別の方からの電話にすることができます。

・非通知でかけてほしい
折り返しの電話があった場合にバレてしまうため、非通知にしたいという要望には応えてくれます。

これはお願いしなくても、最初から非通知で在籍確認をするようにしている会社が多くなります。

不安な場合は確認しておきましょう。

・携帯電話でかけてほしい
非通知での電話だと逆に不審がられるという場合もありますね。

しかし、消費者金融の会社の電話番号だと、借り入れすることがバレてしまいます。そのため、個人的な携帯電話でかけてほしいと思う方も多いでしょう。

この場合は、会社で用意している、消費者金融とはわからない携帯電話で電話をかけてくれることがあります。

・個人名だと不審がられる
個人名での電話が突然かかってくると不審がられてしまう場合もありますね。

もし銀行のカードローンの在籍確認の場合、銀行名を名乗っても不審ではないため、希望があれば銀行名を名乗ります。

しかし、消費者金融の名前を伏せて、怪しまれないような別の会社名を名乗るよう言われても、それはできません。

ただし「アイフルです。キャンペーンのご連絡です」など、会社名を名乗った後に違う用件で電話したように装うことは可能です。

パート、アルバイト、派遣社員などの雇用形態でも在籍確認はあるの?

もちろん審査状況によっては在籍確認が省かれることもありますが、パートやアルバイト、派遣社員だからといって、それを理由に在籍確認が省かれるということはありません。

しかし、パートやアルバイトだと、「佐藤です」「高橋です」などと個人的な電話がかかってくると不審がられてしまう危険性がありますね。

職場の方に消費者金融から借り入れするということを知られたくない場合は、「クレジットカードの在籍確認が行われる」などと会社に伝えておくと安心かもしれません。

クレジットカードを作る場合もカードローンの時と同様に在籍確認が行われるからです。

クレジットカードであれば、みんなに知られても困ることはありませんね。

ただし、派遣社員の場合、派遣元と派遣先が違ってくるため、どちらに電話がかかってくるかによっては在籍確認が取れなくなってしまう危険性があります。

働いているのは派遣先になるため派遣元には実際にはいませんし、派遣先でも派遣社員一人一人の名前まで把握されていない場合は「おりません」と回答されてしまうかもしれません。

そのため、カードローンの申し込み時には、「どのような雇用形態で、派遣元にはいないため、派遣先に電話をかけてほしい」「派遣先のどの部署へ電話をかけてほしい」など、きちんと在籍確認が取れる方法を伝えておくことが大切です。

<まとめ>
このように、在籍確認の電話では個人情報や借り入れに関する内容を伝えることはないため、借り入れの在籍確認だということが会社にバレる可能性は低めですし、本人が不在でも大丈夫なため、それほど怖がる必要はなさそうですね。

それでも、キャッシング経験者が電話に出てしまうと「借入の在籍確認では?」と感づかれてしまう危険性もありますし、電話に出た方との会話のやり取りがスムーズにいかないと不審がられてしまう危険性もあります。

そのためやはり不安だ、もしくは何らかの事情で会社が取り次いでくれない、勤務先が休業日で在籍確認が取れないなどと言う場合は、カードローンを申し込む貸金業者に電話をかけて、詳しい状況を伝えましょう。

相談内容や審査の状況によっては書類提出で対応してくれることもありますし、書類では対応できなくてもできる限り要望を叶えてくれるはずです。

また、少額の融資の場合は、電話による在籍確認が行われない場合も多いため、借入希望額を少なめにしてみるなどの方法をとってもいいかもしれませんね。(ただし、その後増額申請をすると、増額申請時に在籍確認が行われることもあります)

さらに、会社の方にも、「クレジットカードの在籍確認の電話があるかもしれない」「知り合いから電話が来る予定だ」などと伝えておくとよりスムーズかもしれません。