即日融資でお金借りるなら無人契約機が便利

最近は即日融資が可能なカードローンが増えてきましたね。

また即日融資を受ける方法も、振り込みや、スマホのアプリを利用したカードレス取引等、様々です。

その中でも、安心で確実な即日融資の方法は「無人契約機」を利用した借り入れ方法になります。

今回は、無人契約機を設置している消費者金融やその利用方法、即日融資のタイムリミットなどについて解説します。


無人契約機とは

消費者金融や銀行では、有人店舗のほかに、契約機だけを置いている無人の店舗も用意しています。

これを無人契約機と言います。

それぞれの会社ごとにその呼び名も違い、ローン契約機やローン申込機、自動契約機などと呼ぶこともあれば、むじんくん、てまいらず、セントラルくんなど親しみやすい名称がつけられている場合もあります。

三井住友銀行内にあるローン契約機は、銀行の一角をパーテーションで仕切り、個室を作った状態になっていますが、消費者金融の無人契約機はそのほとんどが独立した個室となっていて、外から中の様子も見えなくなっています。

中には1人だけが入室できるようになっていて、内側からロックがかけられるため、別の方が後から入ってくる心配もありませんし、プライバシーは守られます。

無人契約機では、申し込みから審査、契約、カード発行など、借り入れに関する一連の手続きを行えるようになっています。

もし手続き方法がわからなくなっても、担当オペレーターと電話などで会話できるようになっているため、安心です。

無人契約機は無料で利用できますし、契約まで完了させることができればその場でカードが発行されるため、振り込みではなくATMキャッシングをしたい場合や、カードを郵送してほしくない場合等に便利ですね。

また、有人店舗は土日祝日お休みとなってしまう会社が多いのですが、無人契約機はたいてい土日祝日も夜遅くまで営業しています。土日や夜間の即日融資を希望している場合は、助かりますね。

即日融資でお金借りるなら無人契約機

消費者金融の申し込み方法や借り入れ方法は以下のように様々ですね。

<申込方法>
・電話
・インターネット
・スマホアプリ
・店頭
・無人契約機
・郵送

<借入方法>
・振り込みでキャッシング
・カードを使ってATMでキャッシング
・カードレスでATMキャッシング
・店頭窓口で現金受け渡し

また、申し込み方法と借り入れ方法をどう組み合わせるかによって、様々なパターンが出来上がります。

その中でも一番メジャーで安心かつ確実なのが「インターネットで申し込み、無人契約機で契約し、ATMで借り入れ」と言う方法になります。

今はインターネット申し込みは24時間可能となっている消費者金融が多いため、いつでも時間を気にせず申し込むことができますし、無人契約機やATMも年中無休の場合が多いからです。

無人契約機でカードを受け取ることができれば、後はATMへ行くだけで土日祝日も関係なくいつでも借り入れが可能になりますね。

その他にも、「インターネットで契約し振り込みキャッシング」や「アプリをダウンロードしてセブン銀行ATMからスマホATM取引」なども魅力的ですが、即日融資を希望する場合、振り込みだと振込む時間や曜日、金融機関が限定されてしまいます。

スマホATM取引も便利ではあるものの、カードが発行されないため、利用できるATMはセブン銀行だけと限られてしまいます。

ですから、時間や曜日、利用するATMに縛られたくないという場合は、無人契約機を利用した借り入れ方法が一番確実で便利です。

そこで、無人契約機を利用し、即日融資可能なカードローンについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

無人契約機設置の消費者金融

自動契約機は銀行にも設置されていて、「ローン契約機」や「テレビ窓口」などと呼ばれていますが、銀行のカードローンは2018年から即日融資を行うことができなくなりました。

審査の際に警察庁のデータベースとの照合を行わなければならなくなったからです。

照合には数日かかってしまうため、申し込んだその日に審査結果を出すことができないのです。

そのためここでは、即日融資が可能となる消費者金融の無人契約機についてご紹介していきたいと思います。

プロミスの無人契約機

借り入れ日の翌日から30日間の無利息サービスが用意されているプロミス

プロミス独自の自動契約機やATMも日本全国に設置されていますし、今人気のスマホATM取引も可能となっているため、利便性が高いです。

金利(実質年率) 4.5%~17.8%
限度額 500万円

 

プロミスの無人契約機でできること

プロミスの自動契約機では以下のような手続きが可能です。

・申し込み
・必要書類の提出
・審査
・契約
・カード発行
・契約内容の変更(利用限度額、利率、返済日など)
・利用明細の印刷
・カードに関する手続き(カードの再発行、暗証番号の変更など)

プロミスの自動契約機では申し込みから審査、契約までの一連の手続きを行うことができるので便利ですね。

しかし、無人契約機で申し込みをしてしまうと、申し込んだ後に追加で提出書類を依頼されてしまうと慌ててしまいますね。一度申し込み手続きを中断し、書類をそろえて再度来店しなければならなくなります。

そのため、あらかじめインターネット等で申し込みを済ませ、必要書類の確認をしてから来店した方が、よりスムーズな流れになるでしょう。

プロミス無人契約機 操作の流れ

プロミスの無人契約機は完全個室となっていますし施錠できるため、出入りの時だけ気を付けると、手続き中は誰にも見られる心配はありません。プライバシーはしっかり守られるので安心です。

ただし、三井住友銀行のローン契約機の場合(申し込みは不可ですが、契約はローン契約機で行えます)は銀行内の一角にパーテーションで仕切りを作って個室のようになっているだけなので、足元も見えますし、担当オペレーションと会話をした場合も声がもれてしまう危険性があります。

誰にも見られたくない場合は、プロミス独自の無人契約機へ行った方がいいかもしれません。

プロミス無人契約機の操作方法は以下の通りです。

①必要書類を持参し自動契約機へ
②タッチパネル操作
③必要書類を提出
④審査(審査中はカードの利用方法についての説明のビデオが流れているのでご確認ください)
⑤審査完了(審査結果の連絡が備え付けの電話で伝えられます)
⑥限度額や金利などの説明を受け、同意できれば同意ボタンをタッチ
⑦契約書類が発行されるので、署名しスキャンして提出
⑧カード発行
⑨プロミスATM、三井住友銀行ATM、提携ATMから借り入れ開始(プロミスATM、三井住友銀行ATMは手数料無料)

※インターネットで申し込み手続きを済ませている場合は、タッチパネルで「現在申し込み手続き中」のボタンをタッチし、手続きを進めていきましょう。ネットで契約が完了している場合は、すぐにカードが発行されます。

プロミス無人契約機 即日融資のタイムリミット

営業時間やタイムリミットは以下の通りです。

<無人契約機の即日審査タイムリミット>

プロミスの無人契約機 21時
三井住友銀行ローン契約機 20時

※申し込みからスタートする場合も、カード受け取りのみの場合も。

<無人契約機の営業時間>

プロミス無人契約機 9時~22時(土日祝日も可)
三井住友銀行ローン契約機 9時~21時 ※店舗によっては営業時間が異なる場合があります。

 

<ATMの営業時間>

プロミスATM 7時~24時(手数料無料)
三井住友銀行の提携ATM 24時まで※店舗によって営業時間が異なる

 

プロミスの無人契約機の営業時間は22時までとなっていますが、プロミスに電話で確認したところ、21時までに無人契約機に入り手続きを始めてくれた方は基本的にその日のうちに手続きが完了するよう審査を進めてくれるとのことでした。

申し込みをインターネットでしている場合も、インターネット申し込みは24時間可能ですが、その後無人契約機へ行く場合は同じように21時までに契約機の中に入る必要があるそうです。

自宅のインターネットから申し込む場合は、無人契約機まで行く時間も考慮し早めに申し込む必要がありますね。

もちろん審査の進み具合によっては21時半に申し込みをスタートさせても完了できる場合もありますが、自動契約機は無人となっているため、22時になると自動的に利用できなくなり扉が閉まってしまうそうです。

大丈夫と思って21時半に入室しても時間がかかってしまい22時になってしまうと、審査の途中でも強制終了となり扉が閉まってしまうため、また再度来店しなければならなくなります。

22時前には、早めに退室するよう案内をしてくれるそうなので、契約機の中に取り残されるという心配はないようですが、手続きが終了するまで待ってもらうということはできないため、なるべく早めの来店が大切ですね。

また三井住友銀行のローン契約機でもプロミスの契約は可能ですが、三井住友銀行のローン契約機の場合は21時に営業終了なので、20時までには来店しなければなりません。

ただし、ローン契約機で行えるのは契約とカード発行のみとなります。プロミスの申し込みをすることはできないので、先にインターネットで申し込みを済ませ、審査結果を受けとってから契約機へ行くようにしましょう。

また、ATMによっては夜遅くなると利用できなくなってしまいます。

提携のATMだと24時間利用可能な場所もありますが、手数料(1万円以下の取引につき108円、1万円超の取引につき216円)がかかってしまうため、手数料無料で利用するためには、プロミスか三井住友銀行のATMを利用する必要がありますね。

どちらも基本的には24時まで利用できますが、店舗によって営業時間が異なることがあるため、利用する予定のATMの営業時間をあらかじめ確認しておいた方が安全です。

店舗の場所や、提携ATMの営業時間等については、以下のサイトをご確認ください。

提携先の案内
プロミス 店舗・ATM一覧

アコムの自動契約機(むじんくん)

初めての契約の方に限り、契約日の翌日から最大で30日間利息が0円になるサービスを用意しているアコム

借り入れ日の翌日からではないので、契約後すぐに借り入れしないと無利息期間が短縮してしまいますが、短期間の借り入れを希望する場合は助かりますね。

スマホATM取引は行っていませんが、独自のATMや自動契約機も設置されていますし、クレジット機能のついたローンカードも発行してもらうことができます。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円

 

アコムの自動契約機(むじんくん)でできること

アコムの自動契約機(むじんくん)では、以下のような手続きを行うことができます。

・申し込み
・必要書類提出
・審査
・契約
・カード発行

アコムでも、申し込みから契約までの一連の手続きを自動契約機で済ませることができます。

ただし、必要書類に不備があると再度来店しなおさなければならないため、急ぎの場合は先にインターネットで申し込みを済ませ、必要書類をきちんと準備してから来店することをお勧めします。

もしくは、事前審査申し込み(仮の申し込み・仮の審査)をしておくのもいいでしょう。

仮ではあるものの、審査通過できるかどうかや必要書類について教えてもらうことができますし、事前審査を済ませておくと、自動契約機で申し込みをしても必要書類が足りないという心配もありませんし、審査時間も短縮させることができます。

アコムの自動契約機(むじんくん) 操作の流れ

アコムの自動契約機(むじんくん)も、外から中の様子は見えないようになっていますし、内側から施錠することができるため、プライバシーは守られます。

操作の流れは以下の通りです。

①必要書類を持参し、自動契約機へ
②受付開始ボタンをタッチ
③新規申し込みボタンをタッチし、申し込み開始
④必要書類を機械に読み込ませ、提出
⑤担当オペレーターから内容確認(むじんくん内にはマイク・カメラ・スピーカーが内蔵されているので、リアルタイムで会話が可能です)
⑥審査
⑦契約内容を画面上で確認
⑧契約内容通知書発行
⑨カード発行
⑩アコムATMや提携のATMから借り入れ開始(アコムのATMは手数料無料)

※インターネットで先に申し込みを済ませている方は、受付開始後、「事前申し込みのある新規ご契約」のボタンをタッチすると手続きを進めることができます。

アコムの自動契約機(むじんくん)即日融資のタイムリミット

<自動契約機の即日審査タイムリミット>

初めての申し込み 21時20分
カード受け取りのみ 21時45分

 

<自動契約機 営業時間>
8時~22時(年末年始を除き年中無休)
※一部の店舗は21時まで

<ATM 営業時間>
・アコムのATM:24時間(年中無休、手数料無料)
※毎週月曜、午前1時~5時は定期点検により利用不可

アコムの自動契約機(むじんくん)は22時まで(一部の店舗は21時まで)営業していますが、即日審査のタイムリミットについてアコムに電話で確認したところ、むじんくんで初めての申し込みをする場合は、遅くても21時20分までには来店してほしいとのことでした。

申し込みから審査、契約、カード発行までの一連の手続きをするのに、40分程度かかってしまうからです。(営業時間が21時までの店舗の場合は20時20分までに来店)

ただし、22時になると手続きの途中でも自動的に閉まってしまうということはないそうです。

多少の時間延長は可能となっているため、22時を過ぎたとしても入室した方の手続きが完了するまで待ってくれます。ですから、21時20分までに来店できれば、たいていはその日のうちに契約が完了しカード発行が可能となるでしょう。

しかし終了間際に自動契約機へ駆け込んだ場合は、申し込み受け付けは可能ですが、審査は翌営業日に行われるため、カード発行のために再度来店しなければならなくなります。

1度に手続きを完了させたい場合は、やはり遅くても21時20分までには、自動契約機(むじんくん)の中に入れるようにした方がいいですね。

ただし、申し込み内容によっては、審査に時間がかかってしまうこともあります。そのため、タイムリミットは21時20分ではありますが、できる限り早めに来店できると安心です。

もしくは、インターネットなどで事前審査を行う方法もお勧めです。

申し込みを検討中の場合、インターネットや電話で事前審査の申し込みをしておくと、審査に通過できるかどうか、どんな書類が必要かを教えてもらうことができます。(仮の申し込みによる仮の審査になるため、むじんくんで再度本申し込みと本審査を行う必要があります)

先に事前審査を行っていると、自動契約機(むじんくん)で申し込みスタートさせても、新規申し込みよりもスピーディーな審査となるため、カード発行までの時間を短縮させることができます。

もしくは、インターネット等で申し込みそのもの(本申し込み、本審査)を完了させておいてもいいでしょう。

申し込みから審査結果の確認まで完了していると、自動契約機(むじんくん)へ行っても15分程度でカードを発行してもらうことができます。

カード発行だけを希望する場合は21時45分頃までに来店できれば、大丈夫でしょう。

ただし、アコムのATMは24時間利用可能ですし手数料も無料なので安心ですが、提携ATMによっては利用時間に限りが出てきてしまいます。

せっかくカードを受けとっても利用する予定のATMは閉まっているということも考えられるので注意が必要です。

また、アコム提携ATMの場合は、利用のたびに108円~216円の手数料がかかってしまいいます。

店舗の場所や、提携ATMの営業時間等については、以下のサイトをご確認ください。

アコム店舗、ATM検索

SMBCモビットの無人契約機

SMBCモビットでは無利息サービスは用意されていませんが、「電話連絡なし・郵便物なし・カードレス」というWEB完結契約があります。

WEB完結契約にすると、勤務先への在籍確認も行われないため、職場の方に知られたくない場合も安心ですね。

SMBCモビット独自のATMは用意されていませんが、全国に利用できる提携ATMがたくさんありますし、ローン申込機や三井住友銀行のローン契約機も利用できるので便利です。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円

 

SMBCモビットのローン申込機・ローン契約機でできること

SMBCモビットでは無人契約機として、モビット専用のローン申込機や三井住友銀行内のローン契約機を利用することができます。

ローン申込機・ローン契約機では、以下のような手続きを行うことができます。

・申し込み
・必要書類提出
・審査
・契約
・カード発行

SMBCモビットのローン申込機・ローン契約機どちらも、申し込みから契約までの一連の手続きを行うことができます。

ただし、急ぎの場合、即日融資を希望する方は先にインターネット等で申し込みを済ませ、必要書類を確認し、きちんと準備してから来店した方がスムーズな流れとなるでしょう。

SMBCモビットのローン申込機・ローン契約機 操作の流れ

SMBCモビットのローン申込機は個室となっていて施錠も可能なので安心ですが、三井住友銀行内に設置されているローン契約機はパーテーションで仕切られただけの状態です。足元も見えてしまうため、誰にも知られたくない場合は、SMBCモビット独自のローン申込機を利用した方が安全かもしれません。

ただし、SMBCモビットの場合、他社のようにその場で長時間待機する必要がないので、広々とした空間ではありません。個室のATMのような雰囲気で狭く、立ちながら操作することになります。

操作の流れは以下の通りです。

①必要書類を持参し、ローン申込機・ローン契約機へ
②手続きスタートボタンをタッチ
③初めてのお申込みをタッチし、申し込み手続き開始
④必要書類をスキャナーで読み取り、提出
⑤カード発行(この段階で、ローン申込機もしくはローン契約機を出ることができますが、カードはまだ使えません)
⑥本人確認の電話
⑦本審査
⑧契約書類発行
⑨三井住友銀行のATMや全国の提携ATMから借り入れ開始(三井住友銀行のATMは手数料無料)

SMBCモビットの場合、カード発行後に審査が行われます。

そのため、審査状況によりカードが利用できるようになるタイミングや流れが変わってしまいます。

すぐに審査結果の連絡が来て借り入れ開始となることもあれば、追加書類の提出を依頼されることもありますし、契約書類を郵送でやり取りしてから借り入れ開始となってしまう場合もあります。

また、場合によっては審査が完了するまでカードが発行されないということもあります。すべては審査次第なので、誰もがこのような流れになるとは限りません。

※インターネットで先に申し込みをしている場合は、手続きスタートボタンをタッチした後、契約機で行いたい手続きのボタン(「書類の提出」、もしくは「カードの受け取り」)をタッチして、手続きを進めていきましょう。

SMBCモビットのローン申込機・ローン契約機 即日融資のタイムリミット

営業時間や即日融資のタイムリミットは以下の通りです。

<無人契約機の即日審査のタイムリミット>

SMBCモビットローン申込機 不明
三井住友銀行ローン契約機 不明

※インターネットからの申し込みを推奨

<無人契約機 営業時間>

SMBCモビットのローン申込機 8時~21時(土日祝日も営業)
三井住友銀行内ローン契約機 9時~21時(土日祝日も営業)

 

<ATM 営業時間>
・三井住友銀行ATM・・・24時まで(手数料無料)※店舗によって営業時間が異なります。

SMBCモビットに電話で確認したところ、確実な即日審査のタイムリミットはわからないとのことでした。

と言うのも、SMBCモビットの手続きは他社とは違い、申し込む方の条件や申し込み内容などによってその後の流れが大きく違ってくるからです。

特に問題なくスムーズに審査が完了した場合は、20時頃の来店でもすぐにカードを受け取り、ATMからの借入が可能となりますが、審査状況によっては、自動契約機へ行っても審査がその日のうちに終わらず、郵送での書類のやり取りが必要となってしまうこともあるそうです。

また、無事審査に通過できたとしても、カードは郵送でしか受け取ることができないという場合もあるそうなのです。

この場合は、どんなに早く来店してもその場でカードを受け取ることができないため、カードによる即日ATMキャッシングは不可となってしまいます。

そのため、SMBCモビットからは、いきなりローン申込機で申し込みからスタートするのはお勧めしないという回答をいただきました。

まずはインターネット等で申し込み手続きをして、審査を受けた方がいいそうです。

その結果によって、その後の手続きの流れが決まってきます。

その後の流れについては、審査結果の連絡時に教えてくれるそうなので、それからどうするか検討するといいでしょう。

もし「申込機でカードを受け取ることができます」と言われれば、申込機まで行ってカードを受け取るといいですし、「郵送になります」と言われれば、振り込みキャッシングについて検討するといいですね。

カードを受け取ることができ、利用可能になれば、提携のATMから自由にキャッシングできるようになります。

三井住友銀行のATMは夜中まで営業していますし、手数料無料なので安心です。ただし他の提携ATMは108円~216円の手数料が必要になってしまいます。

店舗の場所や、提携ATMの営業時間等については、以下のサイトをご確認ください。

ローン申し込み機 設置場所検索
三井住友銀行内ローン契約機 設置場所検索
提携ATM一覧

アイフルの無人契約機

アイフルの無人契約ルーム(てまいらず)やATMも設置されていますし、提携ATMも豊富になっているため、利便性が高いです。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
限度額 800万円

 

アイフルの無人契約ルームでできること

無人契約ルーム「てまいらず」では、以下のような手続きを行うことができます。

・担当者と電話
・申し込み
・必要書類提出
・審査
・契約
・カード発行

てまいらずは、他社の自動契約機とは少し違い、タッチパネル操作をする画面などはなく、広めの無人の「でんわBOX」となっています。

契約ルームに入った後、電話で担当者と会話をしながら手続きを進めていくことになるため、機械操作が苦手と言う方でも安心ですね。

てまいらずでも申し込みから契約までの手続きができますが、てまいらずで申し込みからスタートしてしまうと、審査の間は契約ルームの中で待機しなければなりませんし、突然追加で書類提出を依頼されてしまうかもしれません。

即日融資を希望している場合は、インターネット等で先に申し込みを済ませ、審査結果と必要書類を確認してからてまいらずへ行ってカードを受け取った方がスムーズな流れになるでしょう。

アイフルの無人契約ルーム 操作の流れ

アイフルの無人契約ルームは、他社のようにタッチ画面はなく、机の上に書類や電話が置いてあるだけの部屋になります。

広々とした空間ですし、中からドアロックすることができるので、安心して手続きを進めることができます。

操作の流れは以下の通りです。

①必要書類を持参し、無人契約ルームへ
②担当オペレーターへ電話をかける(備え付けの電話の受話器を取り、1番を押しましょう)
③担当者の指示に従い、申し込み書に必要事項を記入
④記入後、申し込み書をスキャンし、提出
⑤本人確認書類などをスキャンし、提出
⑥担当オペレーターと、電話で申し込み内容の確認
⑦本審査
⑧審査結果の回答
⑨契約書類発行
⑩契約書を確認後、署名し、スキャナーで提出
⑪カード発券機からカード受け取り
⑫アイフルATMや提携ATMから借り入れ開始(アイフルATMは手数料無料)

※先にインターネット等で申し込みを済ませている場合は、電話でその旨伝えると、必要な手続きからスタートすることができます。

アイフルの無人契約機 即日融資のタイムリミット

アイフルの営業時間や即日融資のタイムリミットは以下の通りです。

<無人契約機の即日審査タイムリミット>
アイフル無人契約ルームは21時(事前申し込みをしていても、していなくても)※インターネットからの事前申し込みを推奨

<無人契約機 営業時間>
無人契約でんわBOX「てまいらず」の営業時間は、8時~22時(年末年始を除き、年中無休)です。

<ATM 営業時間>
アイフルATMの営業時間は7時~23時(年末年始を除き、年中無休)です。

即日融資希望の場合、無人契約ルームで申し込む場合のタイムリミットは何時ごろになるのか、アイフルに電話で確認したところ、「事前にインターネットで申し込むことをお勧めします」との回答をいただきました。

無人契約ルームで申し込みをスタートさせると、審査の間の待ち時間が発生してしまいますし、審査の状況によっては時間がかかってしまい、その日のうちに審査結果の回答ができなくなってしまうこともあるからだそうです。

どうしても無人契約ルームで申し込みをしたい場合は、確実なタイムリミットは言えないけれど、遅くでも21時までには来店してもらえるようお願いはしているとのことでした。ただし、絶対とは言い切れないので、なるべく早い時間に来店した方が安全です。

21時を回ってからの無人契約ルームでの申し込みは、その日のうちに手続きが終わらない可能性が出てくるそうです。

せっかく来店したのに、審査結果を受けとれず、また再度来店し直さなければならなくなると困りますね。

申し込みはインターネットや電話から行うことができるので、可能な限り先に申し込みを済ませ、審査結果を受け取ってからアイフルの無人契約ルームへ行くようにするといいでしょう。

審査結果が出てから来店する場合は、21時までに無人契約ルームの中に入ることができれば、その日のうちに手続きを完了させられるそうです。

カードを受け取ることができれば、その後ATMから借り入れが可能となります。

ただし、アイフルATMは手数料無料ですが、提携ATMは利用のたびに108円~216円の利用手数料がかかるので注意が必要です。

提携ATMや店舗は以下のサイトから検索可能です。

提携CD ATM一覧
アイフル店舗、ATM検索

レイクALSAの無人契約機

レイクALSAは、「契約日の翌日から、借り入れ額全額が30日間無利息」というサービスの他、「契約日の翌日から、借入額5万円に対して180日間無利息」というサービスがあり、借入希望額に合わせてどちらか好きな方を選択することができるようになっています。

新生銀行レイクの自動契約機やATMも利用できますし、コンビニなどのATMも利用可能です。さらにレイクALSAの場合、どのATMを利用しても手数料が無料となるため、とてもお得です。

金利(実質年率) 4.5%~18.0%
限度額 1万円~500万円

 

新生銀行レイク 無人契約機でできること

新生銀行レイクの自動契約機では、以下のような手続きを行うことができます。

・申し込み
・必要書類提出
・審査
・契約
・カード発行
・カードの再発行

借り入れに関する手続きは全て自動契約機で完結させることができますね。

ただし、申し込み内容や審査の状況によっては追加書類が必要となることもありますし、残念ながら審査落ちとなってしまうことも考えられます。

そのため、自動契約機へ行って申し込みからスタートするよりも、先にインターネットや電話で申し込みを済ませて、審査結果と必要書類を確認してから来店した方が安心かもしれませんね。

新生銀行レイク無人契約機 操作の流れ

レイクALSAは、新生銀行レイクの無人動契約機を利用できます。

新生銀行レイクの自動契約機も個室になっていて、中に入るとロックをかけられるようになっているため、プライバシーを守ることができます。

操作の流れは以下の通りです。

①必要書類を持参し、自動契約機へ
②「レイクALSA はじめての申し込み」のボタンをタッチし、申し込み手続き開始
③必要書類をスキャナーで、提出
④審査
⑤画面で審査結果の確認
⑥契約内容確認書発行
⑦契約内容確認書に署名しスキャナーで、提出
⑧カード発行
⑨新生銀行レイクATMや提携ATMから借り入れ開始(どのATMを利用しても手数料無料)

※先にインターネットから申し込みをしている場合は、自動契約機利用開始時に、「事前に申し込みを済ませていますか?」というメッセージが画面上に出るので、「はい」を選択すると必要書類の提出からスタートすることができます。

新生銀行レイク自動契約機 即日融資のタイムリミット

<無人契約機 即日審査タイムリミット>

新生銀行レイク無人契約機 21時(日曜は18時)
事前申込をして自動契約機へ行く場合 21時半(日曜は18時半)

 

<新生銀行レイク無人契約機の営業時間>

平日、土曜日 8時~24時(即日融資希望の場合は22時まで)
日曜日、祝日 8時~22時
毎月第3日曜日 8時~19時

※店舗により異なる場合があります。

<新生銀行レイクATMの営業時間>

平日、土曜日 7時30分~24時
日曜日、祝日 7時30分~22時
毎月第3日曜日 7時30分~20時

※店舗により異なる場合があります。

何時までに無人契約機に入ると即日融資が可能になるのかを、レイクALSAに電話で聞いてみました。

基本的には21時までに無人契約機に入って手続きを進めると、その日のうちにカードを発行することができるそうです。また、インターネットで事前申し込みを済ませておくともっとスピーディーな流れになるため、21時半までに来店できれば即日融資が可能になるそうるです。

ただしこれは、審査が順調に進んだ場合に限ります。

もし審査に時間がかかってしまい、22時になっても全ての手続きが完了しなかった場合、手続きが完了するまで待ってくれるということはありません。22時になると自動的に店舗は閉まってしまうのです。

手続きが時間内に終了しない場合、仮のカードを発行し、一時的に借り入れができるようにしてくれるという方法もあるそうですが、あくまでも仮のカードになるため、本カードを発行してもらうために、後日また来店しなければならなくなります。

できれば、1度に手続きを終了させたいですね。

そのため、即日融資のタイムリミットは21時ではありますが、審査がどうなるかわからないため、可能な限り早めの時間に来店できるようにした方がいいでしょう。

もしくはインターネット等で先に申し込み手続きを完了させておくといいかもしれませんね。

また、利用するATMや、曜日によっては、せっかくカードを受け取ることができてもATMの営業時間が過ぎてしまい即日融資を受けることができなくなってしまうこともあります。

利用する予定のATMの営業時間も確認しておくと安心です。

ただしレイクALSAの場合は、どのATMを利用しても、夜間でも休日でも利用手数料が無料になるため、手数料に関しては気にする必要はありません。

提携の店舗やATMについては以下のサイトからご確認ください。

提携先店舗、ATMの案内
その他 提携先ATMのご案内

セントラルの無人契約機

セントラルは、中小の消費者金融ではありますが、独自の無人契約機やATMも設置しています。

また、スピーディーな融資に力を入れているため、即日融資も可能です。

初回限定で「契約日の翌日から30日間無利息サービス」も用意されているので、短期の借り入れの場合は嬉しいですね。

大手消費者金融に比べると利便性は低くなりますが、審査には柔軟性が出るため、大手から借お金をりづらい方におすすめです。

金利(実質年率) 4.80%~18.00%
限度額 1万円~300万円

 

無人契約機「セントラルくん」でできること

無人契約機「セントラルくん」では、以下のような手続きを行うことができます。

・申し込み
・必要書類提出
・審査
・契約
・カード発行
・カードの再発行

申し込みから契約、カード発行までの一連の手続きを自動契約機で完了させることができます。

ただし、審査状況によっては追加書類が必要となったり、審査落ちとなってしまうことも考えられるため、審査に不安がある場合はあらかじめインターネットなどで審査結果と必要書類を確認してから無人契約機へ行った方がスムーズかもしれませんね。

無人契約機「セントラルくん」操作の流れ

セントラルくんは他社同様、独立した個室になっているため、出入りの時だけ注意すると、後は誰にも見られずに手続きを進めることができます。

操作の流れは以下の通りです。

①必要書類を持参し、自動契約機へ
②タッチパネルで申し込み開始
③スキャナーで必要書類の提出
④審査
⑤審査結果の回答
⑥契約
⑦カード発行
⑧セントラルATMや提携のATMから借り入れ開始(セントラルATMは手数料無料)

※先にインターネットから申し込み手続きを済ませてきた場合は、必要書類の提出からスタートさせることができます。

無人契約機「セントラルくん」即日融資のタイムリミット

<無人契約機の即日審査タイムリミット>

事前申し込みしていない場合 20時半~20時45分頃まで
事前申し込みしている場合 20時45分~20時55分頃まで

 

<無人契約機の営業時間>
無人契約機「セントラルくん」の営業時間は、8時~21時(土日祝日も営業)※池袋店は20時30分までです。

<ATM 営業時間>
セントラルATMの営業時間は、7時~24時(年中無休)です。

即日融資を希望していて、無人契約機で申し込む場合は何時頃までに来店するべきか、セントラルに電話で確認してみました。

すると、「15分前に来店していただければ」との回答をいただきました。

新規の申し込みでも、15分程度で手続きが完了してしまうそうです。

ただし、申し込み内容や審査状況によっては時間がかかることもありますし、先客がいた場合、終了するまで待たなければならないので、「可能であれば30分前くらいに来店した方が確実です」とのことでした。

さらに、事前申し込みをしている場合は、契約機内での手続きは5分程度で終了するため、5分前の来店でも大丈夫だそうです。

また、もし契約機の中で手続きに時間がかかり、営業時間内に終了できなかったとしても、多少の時間延長は可能なようで、契約機内に入っている方の手続きが完了するまで待ってくれるそうです。

セントラルのATMは24時まで利用できますし、手数料も無料です。カードさえ発行してもらうことができれば、その日のうちに借り入れすることができますね。

また、セントラルはセブン銀行とも提携しています。セブン銀行の場合は108円~216円の手数料がかかってしまいますが、メンテナンス中を除き24時間365日利用可能となっているため、いつでも借り入れができますね。

ただ残念なのは、無人契約機「セントラルくん」やセントラルATMの設置場所が限られているという点です。以下の店舗へ行くことができない場合は、振り込みによる融資になってしまうので、注意が必要です。

<無人契約機「セントラルくん」設置場所>
・愛媛県(南松山、新居浜、新空港通り、R56大洲)
・香川県(レインボーロード、宇多津)
・岡山県(岡山大安寺、倉敷沖新町)
・高知県(南環状百石)
・神奈川県(横浜)
・東京都(新宿、渋谷、銀座、池袋)
・埼玉県(大宮)

<セントラルATM設置場所>
・愛媛県(南松山、新居浜、新空港通り、宇和島)
・香川県(レインボーロード、宇多津)
・岡山県(岡山大安寺、倉敷沖新町)
・高知県(南環状百石)
・神奈川県(横浜)
・東京都(新宿、渋谷、銀座、池袋)

店舗やATMについての詳しい情報はこちらをご確認ください。

無人契約機に行く場合の必要書類

必要書類はその消費者金融ごとに違ってきますし、申し込み内容や希望の借入額によっても変わってきますが、たいていは以下のような書類が必要になります。

インターネットや電話等で事前に申し込みをしない場合は、以下のような①本人確認書類や②収入証明書類を用意して契約機へ行くようにしましょう。(収入証明書類は不要な場合も多いです)

①本人確認書類
基本的には、以下のような顔写真つきの本人確認書類が必要になります。

・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・特別永住者証明書
・在留カード
・公的証明書類
・個人番号カード(表のみ)
など。

もし、顔写真付きの証明書がない場合は、以下のような書類を2点用意しなければならない場合もあります。

・健康保険証
・年金手帳
・母子健康手帳
・戸籍謄本
・戸籍抄本
・住民票
・住民票記載事項証明書

さらに、現住所と本人確認書類の住所が違う場合は、確認書類の他に、以下のような現住所がわかる書類も必要になります。

・健康保険証
・パスポート
・年金手帳
・母子健康手帳
・公共料金領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKなど)
・住所、氏名、生年月日が記載されている公的書類(住民票、納税証明書、印鑑登録証明書など)

②収入証明書類
借入希望額が50万円を超える場合や、他社からの借入額を合わせた借入総額が100万円を超える場合に、以下のような収入を証明する書類も必要になります。

しかし借入額が少ない場合でも、審査によっては必要となることもあります。

・直近2か月分の給与明細書
・1年以内の賞与明細書
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・確定申告書
・所得証明書

など。

インターネット等で事前に申し込みをすると、どのような書類を準備すればいいのか電話で教えてもらうことができるのですが、事前申し込みをせずに無人契約機へ行く場合は、上記の書類を参考に準備してから来店するようにしましょう。

無人契約機で即日融資「まとめ」

無人契約機を利用して、その場でカードを受け取ることができれば、後はATMまで行くだけで即日融資が可能になります。最近は24時間利用可能なATMもたくさんあるので、便利ですね。

しかしどの消費者金融も、閉店間際の来店では即日融資は難しいとのことでした。

多少の時間延長が可能な無人契約機でも、「なるべく早めの来店をお願いしている」と言う回答が多かったです。

審査が順調に進むのであれば問題ありませんが、場合によって審査に時間がかかってしまうことも考えられるため、可能な限り早めに来店できるようにするといいでしょう。

もしくは、可能であれば、インターネットや電話で事前に申し込みを済ませておくと安心ですね。

審査結果の連絡時に必要書類やその後の手続きの流れについて説明をしてもらえるため、きちんと準備してから来店することができますし、無人契約機内での待機時間を短縮させることができます。

ただし、「無人契約機は誰にも会わずに手続きを全て行える便利な場所」と言う認識が強いかもしれませんが、実際には室内にカメラやマイク、スピーカーなどが内蔵されていて、手続きをしている様子は担当オペレーターに見られています。

不審な行動をとると審査に通過できなくなってしまうこともあるため、「見られている」という意識をもって手続きを進めることが大切です。