未成年の学生と20歳以上の学生が即日融資を受ける方法

未成年の学生でも、20歳以上の学生でも、お小遣いや一人暮らしの生活費など、お金が足りなくなって困ることもあるでしょう。

そんな時、銀行や消費者金融のカードローンでお金を借りられると助かりますが、学生・未成年は「カードローン」の審査に通ることはできるのでしょうか?

結論からお伝えすると、基本的には20歳以上の学生は申し込むことができますが、未成年の方はカードローンで借り入れすることは出来ません。

ただし、いくつかの要件を満たせば未成年の方でも即日融資を受けることが可能です。

ここでは、未成年の学生がカードローン以外で即日融資を受ける方法と、20歳以上の成人している学生が即日融資を受ける様々な方法を記載していきます。


未成年の学生のカードローン審査について

カードローンを利用する場合、カードローンを提供している銀行や消費者金融と申し込み者の間で、借り入れ額や借り入れ期間、金利、返済期日などについて取り決めを行い、契約を交わします。

しかし、日本では「未成年者の法律行為」が禁じられているのです。

カードローンを利用するための「契約を結ぶ」という行為も法律行為の1つとなってしまうため、法律上、未成年者は借り入れに関する契約を交わすことができません。

そのため、未成年ではどの銀行からもどの消費者金融からも借り入れすることが出来ないのです。

実際、正規のカードローン会社の場合、ほとんどが「20歳以上の安定した収入がある方」と定められています。

もし仮に「未成年でも親の承諾なしに即日融資可能!」などと宣伝しているカードローン会社があれば、それは限りなく闇金に近いと考えられるため、手を出さないように気を付けましょう。

20歳未満でも結婚をしている場合は、法律上「成人」としてみなされますが、カードローン会社では利用可能な年齢を「20歳以上」と定めているため、既婚者であっても20歳未満の場合は申し込みが難しくなります。

そのため、カードローンを利用したい場合は、まずは20歳になるまで待ちましょう。

ただし、20歳の誕生日を迎えるとカードローンの申し込みが可能となりますが、アルバイト等の収入がある場合に限ります。またアルバイトしてすぐではなく、半年以上(可能であれば1年以上)の勤続年数が必要な場合が多くなります。

そのため、カードローンを利用したいけれどまだ18歳や19歳だという場合は、20歳になると同時にすぐカードローンの申し込みができるよう、まずアルバイトを始め、同じ職場で長期的に働き、収入を安定させておくことが大切です。

未成年の即日融資方法

未成年の場合、一般的なカードローンの利用は難しいのですが、以下のような方法で即日融資を受けることが出来ます。

・クレジットカードでキャッシング
・学生のための学生ローン(高校生を除く学生の場合)

では、それぞれの借り入れ方法について見ていきましょう。

クレジットカード キャッシング枠

クレジットカードは18歳以上であれば作ることが出来ます。

クレジットカードにはキャッシング枠を設定することが出来ますね。このキャッシング枠を利用すると、すぐに必要なお金を借りることが出来ます。

もし手元にクレジットカードがあるという場合は、未成年でも、クレジットカードを使ってすぐお金を引き出すことが出来るでしょう。

クレジットカードを持っていないという場合でも、以下のような即日発行してくれるカードもあるので、急ぎの場合も大丈夫ですね。

ただし、18歳以上でも高校生の場合はクレジットカードを作ることが出来ませんし、高校を卒業していたとしても、20歳未満の方がクレジットカードを作る場合は親の同意が必要になります。

親に内緒でカードを作るということはできませんのでご注意ください。

①エポスカード(即日発行可能)

エポスカードは、18歳以上(高校生を除く)であれば申し込み可能です。

審査もスピーディーで、最短30分で完了しますし、エポスカードセンターへ行くことが出来れば、その場でカードを発行してもらうことが出来ます。

エポスカードは入会金や年会費も無料ですし、初めてキャッシングする場合は初回利用日の翌日から最大で30日間金利が0円になります。

コンビニや銀行などの提携ATMも多く、どのATMを使っても手数料は無料です。様々な優待特典も用意されているのでお得ですね。

カードのデザインも豊富なので、自分の好みに合った1枚を見つけることが出来るでしょう。

②セゾンカードインターナショナル(即日発行可能)

セゾンカードインターナショナルも、18歳以上で連絡可能な方であれば学生でも申し込み可能となっています。(高校生は不可)

こちらも入会金・年会費無料で、審査に通過しその日のうちにセゾンカウンターまで行くことができれば、窓口ですぐにカードを受け取ることが出来るので、急ぎの場合も助かりますね。

セゾンカードがあると、様々なレジャー施設、レストラン、ホテルなどを優待価格で利用することができ、ポイントも貯めていくことが出来るためお得です。

また、セゾンカードのポイントは永久不滅となっているため、いつまででも貯め続けることが出来ます。

③三井住友VISAデビュープラスカード(即日発行不可 最短3営業日)

三井住友VISAデビュープラスカードは、高校生を除く、18歳~25歳までの方限定のクレジットカードになります。(未成年の場合は親権者の同意が必要です)

さらに、大学生、短大生、大学院生などは学生のための「三井住友VISAデビュープラスカード(学生)」を発行してもらうことが出来ます。学生のためのカードは限度額が引き下げられますが、使い過ぎることを防止できるため、安心です。

三井住友VISAデビュープラスカードは通常タイプも学生専用タイプも、毎年1回以上の利用があると、1250円の年会費も無料になるため、今後利用し続ける予定であればお得ですね。

年間100万円までのショッピング補償もついていますし、利用のたびにポイントも貯めていくことができます。

ただし、即日発行してもらうことはできません。どんなに早くても申し込みから3営業日はかかってしまうため、急ぎの場合は別のカードの申し込みを検討した方がいいかもしれませんね。

④学生専用ライフカード(即日融資不可 最短3営業日)

高校生を除く満18歳以上25歳以下の学生(大学生、大学院生、短大生、専門学校生)のためのクレジットカードになります。(未成年の場合は親権者の同意が必要です)

年会費は永年無料ですし、海外旅行傷害保険もついていて、最高2000万円まで補償してくれます。

もちろんキャッシングも可能です。

キャッシング利用枠は少額になっていますが、ショッピングにも借り入れにも利用できるカードがあると便利ですね。

※ただし、学生だったり、社会に出て働いているという場合は、未成年でも上にあげたようなカードを作ることが出来ますが、学生でも社会人でもなく、アルバイトもしていないという未成年の場合はクレジットカードの審査に通過することが難しくなってきてしまいます。

この場合は収入は少なくてもいいので、アルバイトなど何か仕事をしてから申し込むことをお勧めします。

もしくは親が持っている本カードの家族カードを発行してもらってもいいでしょう。

家族カードは発行までに1~3週間程度かかってしまうため、申し込んだその日のうちにカードを使うことはできませんが、時間に余裕がある場合は検討してみるといいでしょう。

家族カードの場合キャッシング枠がつかない場合もありますが、セゾンカードやイオンカードであればキャッシング枠付きの家族カードを発行してくれます。

いずれにしても親の同意がなくてはできないことなので、未成年の場合はまず親に相談することから始めましょう。

学生ローン

以下のような学生ローンであれば、未成年でもお金を借りることが出来ます。即日融資も可能となっているため、急ぎの場合は検討してみるといいでしょう。

①アイシーローン

アイシーローンは、首都圏にお住いの方を対象にした学生ローンを提供しています。

初めての方を対象とした30日間の無利息サービスを用意していますし、学生の方はお友達を紹介すると、紹介した人数によって年率を引き下げてもらうことが出来ます。(1人紹介につき1.0%引き下げ)お得ですね。

学生であれば、未成年でもアルバイトをしていなくても審査によっては利用可能となる場合もあるので、まず電話で相談してみるといいでしょう。

申し込みをしても、プライバシーは守ってくれるため、自宅やバイト先へ連絡が来ることはありません。誰にも知られたくない場合も安心です。

審査にかかる時間について電話で確認したところ、申し込みから30分程度で審査結果の連絡ができるよう心掛けているとのことでした。

もちろん即日融資も可能です。(※審査結果の連絡時に来店予約をして、約束の日に来店し、窓口で契約完了後後融資と言う形になるため、たいていは申し込みから数日後の融資と言う形となるようです)

融資対象地域が限定されている点は残念ですが、首都圏にお住いの方にはお勧めしたいローンです。

<アイシーローンの基本情報>

金利 年10.0%~20.0%
限度額 1万円~50万円
審査スピード 最短30分
申し込み条件 首都圏在住の18歳以上の学生の方で、安定した収入のある方。(外国籍、高校生、予備校生は対象外)
必要書類 学生証、運転免許証、健康保険証、直近のアルバイト明細や振り込み記載通帳など

 

②学生ローンカレッヂ

カレッヂは、学生でアルバイトをしている方であれば未成年でも利用可能ですし、全国対応なので、地方に住んでいる方も申し込むことができます。

インターネットから全ての手続きを行うことが出来るため、来店しなくても即日融資も可能となります。

また、セブン銀行とも提携しているため、近くのセブン銀行ATMからも入出金が可能です。利便性は十分ですね。

カレッヂもまた、申し込みをしても親やバイト先へ連絡することはないので安心です。

<カレッヂの基本情報>

金利 年17.00%
限度額 50万円(未成年の場合は10万円まで)
審査スピード 14時20分までに手続きが終了すると、当日中の送金が可能。(14時30分を過ぎると、振り込みは翌営業日)
申し込み条件 日本国籍で、高卒以上の大学生、短大生、予備校生、専門学校生の方で、アルバイト等による安定した収入のある方。(未成年も可)
必要書類 学生証、運転免許証、健康保険証など(振込の場合は、銀行キャッシュカード、公共料金の領収書や請求書なども必要)

 

③フレンド田(DEN)

30年以上の歴史がある老舗のローン会社「フレンド田」。

来店しその場ですぐ融資してもらうこともできますし、インターネットや電話からの申し込みも受け付けていて、スピード振り込み融資も行っているため、来店できなくても審査が順調にすすむと即日振り込み融資も可能となります。

未成年でも18歳以上の学生の方は申し込みが可能となっているので嬉しいですね。

ただし、未成年の場合は親権者の承諾が必要になります。

<フレンド田の基本情報>

金利 1万円~50万円
審査スピード 即日融資も可能
申し込み条件 18歳以上・高卒以上の大学生・短大生・専門学校生・予備校生の方で、必要書類を提出でき、安定した収入のある方。
必要書類 学生証、運転免許証、健康保険証など

 

その他、未成年が申し込める中小の消費者金融

消費者金融 スペースのキャッシング

消費者金融スペースでは、18歳からの申し込みを受け付けています。

自動契約機やATMもなく、カードローンのように気軽に入出金することはできないのですが、少額だけであれば未成年でも借り入れできる可能性があります。

ただし、未成年の借入が可能なのか電話で確認したところ、少し言葉に詰まっていたので、未成年の申し込み自体は受け付けているようですが、未成年へ積極的な融資は行っていない雰囲気を感じました。

審査の状況次第では親の承諾も必要となることがあるため、内緒の借入は難しそうですね。

気になる方は、スペースに電話をかけて相談してみるといいでしょう。

<スペースの基本情報>

金利 年8.0%~18.0%
限度額 1万円~500万円
審査スピード 即日~数週間(即日融資も可能)
申し込み条件 18歳以上で、安定した収入と返済能力がある方。
必要書類 運転免許証や健康保険証、収入証明書

 

20歳以上の学生の即日融資方法

学生でも、20歳未満の場合は一般的なカードローンの申し込みが出来ません。未成年者は法律行為である「契約を結ぶ」と言うことが出来ないからです。

しかし20歳以上であれば、学生でも、アルバイトなどで収入を得ていると、銀行や消費者金融のカードローンへ申し込むことが出来ますし、審査に合格することができれば、利用することもできます。

銀行は審査に時間がかかるため即日融資はできませんが、学生でも20歳以上で、アルバイト等で収入があれば、以下のような場所から即日融資を受けることが出来ます。

・消費者金融のカードローン
・学生専用の学生ローン

特に大手消費者金融の審査は最短30分とスピーディーですし、無利息期間を設けるなどお得なサービスがたくさん用意されているので、急ぎの場合は、CMなどでも人気の大手消費者金融に申し込みをしてみるといいでしょう。

ただし、収入が不安定だったり、期限付きの短期アルバイトの場合やアルバイトを始めて間もない状態では審査に通過するのが難しくなります。

可能であれば、アルバイトを始めて半年以上経過し、収入が安定してから申し込むようにしましょう。

大手消費者金融のカードローン

学生でも20歳以上であれば、大手消費者金融から借り入れすることが出来ます。もちろん、大手ではなくても中小の消費者金融の利用も可能です。

中小消費者金融の場合、大手消費者金融よりも審査に柔軟性があるため、収入が不安定で審査通過が難しそうという場合は、中小の消費者金融の方が安心ですね。

ただし、低金利でサービスが充実しているのはやはり大手消費者金融になりますし、中小の中には闇金も紛れているため、特別問題がない場合は大手消費者金融に申し込みをした方が安全でしょう。

では、人気のある即日融資可能な大手消費者金融をいくつかご紹介しておきますね。

①プロミス

金利 年4.5%~17.8%
限度額 1万円~500万円
審査スピード 最短30分
申し込み条件 20歳以上69歳以下の安定した収入のある方。(主婦、学生、パート、アルバイトでも可)
無利息サービス 借り入れ日の翌日から30日間無利息(初めての方)

 

②アイフル

金利 年3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
審査スピード 最短30分程度。最短1時間融資可能。
申し込み条件 満20歳以上69歳以下の定期的な収入と返済能力のある方で、基準を満たす方。
無利息サービス 契約日の翌日から30日間無利息(初めての方)

 

③アコム

金利 年3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
審査スピード 最短30分。即日融資も可能。
申し込み条件 20歳以上の安定した収入と返済能力のある方で、基準を満たす方。(アルバイト、パート、学生も可)
無利息サービス 契約日の翌日から30日間利息0円(初めての方)

 

④SMBCモビット

金利 年3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
審査スピード 最短30分
申し込み条件 満20歳以上69歳以下の安定した定期収入がある方で、基準を満たす方。(アルバイト、パート、派遣社員、自営業の方も可)
無利息サービス なし

 

⑤レイクALSA

金利 年4.5%~18.0%
限度額 1万円~500万円
審査スピード 審査結果は最短15秒で表示。最短60分融資も可能。
申し込み条件 満20歳以上70歳以下の安定した収入のある方。(パート、アルバイトも可)
無利息サービス 初めてレイクALSAと契約する場合は、①か②のいずれかの選択可能。
①借入額のうち5万円まで、契約日の翌日から180日間利息0円(契約額1万円~200万円の方)
②借入額全額、契約日の翌日から30日間利息0円

 

カードローン申し込みの注意点

このように、学生の方でも20歳を超えている場合はカードローンの申し込みは可能ですが、安定した高収入を得ている正社員や公務員などに比べると審査が厳しくなってしまう傾向があります。

確実な審査通過を目指すためには、以下のような点に注意して申し込みを行うといいでしょう。

①勤続年数
期限付きの短期アルバイトや日雇いなどの場合は審査通過が難しくなります。

まずは長期のアルバイトをして、最低でも半年以上継続し働いてから申し込んだ方が安全です。1年以上働いてからだとより審査通過の可能性が高まるでしょう。

②借入希望額を減らす
最低必要金額を借入希望額としましょう。
借入希望額が少なければ少ないほど審査通過の可能性が高まります。

限度額は可能な限り高めに設定してもらいたいと思うかもしれませんが、希望額を高めに設定したことで審査に落ちてしまっては意味がありませんね。

審査通過後であれば増額申請などもできるため、まずは少額でも借りられるよう、審査通過を第一目標としましょう。

※ただし、審査通過後、すぐに増額申請できるわけではありません。カード会社に返済能力がある人だと思ってもらうことが大切なので、無事審査に通過することが出来たなら、まずは借り入れと確実な返済を繰り返し信頼関係を築くよう努力しましょう。

③他社の借り入れを減らす
他社からの借り入れが多かったり、複数の会社から借り入れをしている場合は、審査通過が難しくなってきてしまいます。

さらに他社の借り入れに対して返済を滞ったことがある場合はより、審査落ちの危険性が高まるでしょう。

まずは、どんな借り入れに対しても、返済は期日までに必ず行うということを肝に銘じましょう。

また、借り入れが多い場合は、新たな借り入れ申し込み前に、可能な限り減らしておくと安心です。

④アルバイト先に在籍確認の電話があることを伝えておく
たいていのカードローン会社では、申し込みを受け付けると、勤務先に本当に勤めているかどうかを確認するため電話をかけます。(在籍確認)

しかし働いている会社の規模が大きいと、電話受付の方がアルバイトの名前まで把握できていない場合もありますね。名前を把握できていないがために、電話に出た方が「そのようなものはおりません」と回答してしまうと審査落ちとなってしまいます。

そのような危険性がある場合は、アルバイト先の上司や電話受付の方へ、「自分宛ての電話があるかもしれない」と伝えておいた方がいいでしょう。

カードローンの在籍確認は会社名を出さずに個人名で行ってくれるため、借り入れがバレる心配もありませんし、私用の電話があると言っておいても問題ないでしょう。

もしくは、「クレジットカードの在籍確認がある」と言ってもいいかもしれませんね。クレジットカードは誰でも持っているものですし、カードローンへ申し込んだときと同じように在籍確認の電話があるため、怪しまれないでしょう。

また、カードローン会社にも、自分のいる部署の直通電話などを伝えておいてもいいかもしれませんね。

本社と勤務地が違う場合も、どちらに電話をかけてほしいか、カードローン会社に伝えておくといいでしょう。

もし、勤務先が私用の電話を受け付けてくれない場合は、その旨カード会社に伝えると、別の書類提出で対応してくれる場合もあります。

可能な限りの対策を行い、それでも不安な場合はカードローン会社へ相談してみるといいでしょう。

⑤複数の会社へ同時申し込みはしない
それぞれの消費者金融や銀行では、申し込みがあると個人信用情報をチェックします。他社から借り入れしている情報や延滞情報、他社へ借り入れの申し込みをしていることなどは、個人信用情報を見ると分かるからです。

そしてその情報をもとに、お金を貸しても大丈夫なのか、信頼できる人なのかを判断するのです。

審査落ちが不安で、複数のカードローン会社へ一気に申し込みをすると、その事実もまた、個人信用情報を通してそれぞれのカードローン会社にバレてしまいます。

この場合、「こんなに複数の会社へ申し込んでいるということは、お金に困っている人かもしれない」と不審がられてしまいます。

また、もしも全ての会社で審査通過できたとした場合、「多重債務者」となってしまうかもしれませんね。多重債務者となり、それぞれの会社から限度額ぎりぎりまで借り入れしてしまうと、今度は返済が困難になってしまうかもしれません。

このような危険性も考え、カードローン会社によっては「多重申し込み」というだけで形式的に審査落ちとしてしまうこともあるのです。

審査に通過できるか不安だから複数の会社に申し込んでおきたいという気持ちもわかりますが、確実な審査通過を目指すためには、一度に4社以上の申し込みは避けましょう。

学生ローン

20歳以上であれば、未成年の方も申し込みができる学生ローンももちろん利用可能ですし、以下のような20歳以上からの申し込みを受け付けている学生ローンを利用することもできます。

①イーキャンパス

学生ローンではありますが社会人の方でも利用可能なローンとなっています。

低金利ですし、イーキャンパスから親やアルバイト先へ連絡することはないため、誰にも知られたくない場合も安心です。

来店した場合は最短30分で審査が完了しますし、来店できなくても、早い時間に申し込みを済ませると午前中のうちに審査結果の連絡があります。

もちろん即日融資も可能ですし、急ぎの場合は連絡をするとスピーディーな手続きとなるよう対応してくれるため、安心です。

金利 14.5%~16.5%
限度額 1万円~80万円(学生の方は50万円まで)
審査スピード 来店の場合は最短30分。当日融資も可能。(急ぎの場合は要相談)
申し込み条件 20歳~40歳までの安定した収入がある学生、社会人の方。(未成年の場合は、20歳の誕生日を迎えてから相談)
必要書類 学生証、運転免許証、健康保険証、銀行のキャッシュカード、給与明細など

 

②アミーゴ

インターネットで申し込み、来店しなくても即日融資が可能となる「アミーゴ」。20歳以上の学生を応援してくれる学生のためのローンとなります。

審査もスピーディーで融資決定後10分程度で振り込みが実施されます。急ぎの場合は嬉しいですね。

またこちらの学生ローンも、家族やアルバイト先への連絡を入れることはないため、誰にも知られたくない借り入れも安心です。

金利 年14.40%~16.80%
限度額 3万円~50万円
審査スピード 最短30分。即日融資も可能。
申し込み条件 20歳以上の安定した収入と返済能力のある方で、基準を満たす方
必要書類 学生証、キャッシュカード、運転免許証、健康保険証など

 

③ヤングローン・学生ローンのキャンパス

ヤングローン・学生ローンのキャンパスも未成年への融資は行っていませんが、20歳以上でアルバイト等の収入があれば学生でも融資してもらうことが出来ます。

審査完了時刻によっては即日振り込み融資も可能となるため、急ぎの場合も助かりますね。

自宅に固定電話がある場合は確認の電話がかかってきますが、申し込み者の承諾なしに親や学校へ連絡をすることはないので安心です。

プライバシーは守ってくれるため、誰にも知られたくない借り入れも安心です。

また、女子学生向けの「レディースローン」も用意されています。(金利:年15.60%)

金利 年14.40%~16.80%
限度額 50万円
審査スピード 平日14時30分まで(ゆうちょ銀行送金の場合は17時まで)に審査が完了した場合、即日振り込み融資可能。審査完了後最短15分で振り込み。
申し込み条件 20歳~34歳までの学生(専門学校生、短大生、大学生、大学院生)や社会人で、安定した収入のある方。
必要書類 学生の方:学生証(必須)、運転免許証、健康保険証、パスポート、写真付住民基本台帳カードなど
社会人の方:写真付き本人確認書(運転免許証、写真付住民基本台帳カード、パスポートなど)の他、健康保険証と収入証明書(給与明細、源泉徴収票)

 

④消費者金融ニチデンの学生ローン

フリーローンなどを取り扱っている中小の消費者金融ニチデンでも、学生ローンを提供しています。

限度額は30万円と少額になりますが、とても低金利で利用できるため、お勧めです。

ただし、フリーローンに関しては100日間の無利息サービスが付きますが、学生ローンには無利息サービスが付きません。

金利 年9.125%
限度額 30万円
審査スピード 平日14時までの受付分は即日振り込み融資可能。
申し込み条件 20歳以上の学生(専門学校生、短大生、大学生)で、安定した収入がある方。
必要書類 学生証、運転免許証、健康保険証など