高知県の消費者金融「いつも」で即日融資!審査・融資申込み概要

消費者金融「いつも」は高知県に本社のある消費者金融です。全国から申し込みが可能な上、最大60日間無利息でお金を借りられたり、提携のインターネットバンキングで24時間返済が可能であったりと中小消費者金融の中でも充実したサービスを展開しています。

この記事では、「いつも」の扱っているローンへの審査申し込みから融資までの流れ、即日融資の条件、無利息サービス、返済の方法などを解説していきます。


消費者金融「いつも」ってどんな貸金業者?

いつもは高知県にある中小消費者金融で、2001年頃から高知さんさんテレビでCMを流しているようで、地元の方であればCMで見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

いつもの公式サイトの会社概要を見てみると次のような情報がでてきました。

企業名:株式会社K・ライズホールディングス
設 立:1993年2月8日
代表者:代表取締役 國澤 和人
業務内容:消費者金融業
従業員数:消費者金融業 22名
本社所在地:高知県高知市杉井流5-18

従業員数からしても「いつも」は小規模の消費者金融といえます。
会社概要のところに記載はありませんが、登録番号は高知県知事(2)第01519号で、日本貸金業協会会員番号は005847です。

金融庁の検索でも日本貸金業協会の会員検索でもヒットしましたので、きちんと許可を得て営業している消費者金融で間違いありません。「いつも」は法律を無視して営業しているようなヤミ金ではないのでご安心ください。

「いつも」から融資を受けられる人の条件は?

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人が「いつも」から融資を受けられます。

給与所得者はもちろん、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・委託社員、主婦(主夫)であっても、いつもが規定している基準を満たせば借り入れが可能となっています。

ただし、専業主婦(主夫)が消費者金融からお金を借りる場合は、配偶者の同意書や夫婦関係証明書類が必要となります。これは貸金業法という法律で決められていることです。

参考:貸金業法についてQ&A

専業主婦(主夫)が利用することは可能ですが、配偶者の同意なしに内緒で借りるということはできません。

「いつも」が取り扱っているローン

高知の消費者金融「いつも」では、フリーローン、不動産担保ローン、ビジネスローン、おまとめローンを扱っています。

こちらの記事を見ている方はフリーローンの借入を検討している方が多いと思いますが、フリーローンで借りられる金額の上限が50万円とやや少なめなため、より高額の借り入れができる不動産担保ローンや、事業をしている方のためにビジネスローン、他の貸金業者から借り入れのある方向けにおまとめローンといったフリーローン以外のローンの貸付の条件についても簡単に紹介していきます。

いつも「フリーローン」

限度額の範囲内であれば必要に応じてその都度借り入れができる方式(極度貸付方式)でのフリーローンです。

契約額 1万円~50万円
貸付利率 7.0%~18.0%(実質年率)
遅延損害金 20.0% (実質年率)
返済方式 借入金額スライドリボルビング方式
返済期日 毎月約定日払い
返済期間 5年
返済回数 5年(60回)毎の自動継続
利用対象者 年齢20歳以上、65歳以下のご本人に安定した収入のある方 (学生・20歳未満の方は利用できません)
担保・保証人の要否 原則として不要
必要書類 年収確認物、運転免許証か保健証

 

いつも「フリーローン」各回の返済金額

借入直後残高 返済金額
1円~100,000円 4,000円
100,001円~200,000円 8,000円
200,001円~300,000円 12,000円
300,001円~400,000円 15,000円
400,001円~500,000円 18,000円

 

いつも「不動産担保ローン」

不動産を担保とすることで契約額の上限が1億円になり、最低金利もフリーローンより低くなります。

契約額 1万円~1億円
貸付利率 4.8%~15.0%(実質年利)
遅延損害金 20.0% (実質年率)
返済方式 元利均等返済方式
返済期日 毎月約定日払い
返済期間 1年~最長30年
返済回数 1回~360回
利用対象者 年齢20歳以上、65歳以下のご本人に安定した収入のある方 (学生・20歳未満の方は利用できません)
保証人の要否 原則として不要
必要書類 登記識別情報(登記済権利証書)・登記事項証明書(全部事項)・公図
運転免許証・健康保険証・印鑑証明書・実印・給料明細又は所得証明書

 

いつも「ビジネスローン」

いつものビジネスローンは、個人事業者と法人事業者で貸付額や金利、保証人が必要かどうか、必要な書類が異なります。

個人事業者のビジネスローン

契約額 1万円~200万円
貸付利率 8.0%~18.0%(実質年率)
保証人の要否 原則として不要
必要書類 本人確認書類、確定申告書(青・白)、事業内容確認書(所定のもの)

 

法人事業者のビジネスローン

契約額 1万円~300万円
貸付利率 7.0%~18.0%(実質年率)
保証人の要否 代表者の連帯保証が必要
必要書類 代表者の本人確認書類 、決算書2期分、商業登記簿謄本

 

■個人事業者・法人事業者共通項目

遅延損害金 20.0% (実質年率)
返済方式 元利均等返済方式
返済期日 毎月約定日払い
返済期間 最長10年
返済回数 1回~120回
担保の要否 不要

 

いつも「おまとめローン」

他の貸金業者からの借り入れを対象とした「いつも」が提供するおまとめローンです。銀行やクレジットカードのショッピング枠からの借り入れは対象外ですので、間違えないようにしましょう。

契約額 1万円~300万円
資金使途 貸金業法に基づく貸金業者債務の借換え
貸付利率 5.8%~18.0% (実質年率)
遅延損害金 20.0% (実質年率)
返済方式 元利均等返済方式
返済期日 毎月約定日払い
返済期間 最長10年
返済回数 1回~120回
利用対象者 年齢20歳以上、65歳以下のご本人に安定した収入のある方
担保・保証人 不要
必要書類 原則として他社借入条件等の確認ができる書類、本人確認書類

 

いつもの金利は高い?低い?

「いつも」のフリーローンの金利は7.0~18.0%となっています。

はじめての借り入れであったり、少額を借りる場合は最高金利が適用される可能性が高いです。プロミスアコムアイフルなど大手消費者金融の最高金利も18.0%程度なので、いつものフリーローンの金利は大手消費者金融と同等ということができます。

10万円未満の貸付の場合、利息制限法によって金利は20.0%まで規定されており、中小消費者金融の中では10万円未満の貸付の場合は20.0%の金利を課すところも少なくありません。そのことを踏まえると、「いつも」は中小消費者金融の中では金利が低い方といえます。

最低金利は、大手消費者金融の場合は3.5~4.5%程度に設定されていることが多いですが、大手消費者金融は借り入れの限度額も大きいので、最低金利を大手消費者金融と比較するのは難しいです。

中小消費者金融の中にも最低金利が大手消費者金融並のところもありますが、借り入れの限度額が異なるため、一概に最低金利が低い、高いということは難しいです。

ただ、高知の消費者金融「いつも」のフリーローンの最低金利が並外れて高い・低いといったことはなく、借入限度額が低いことも加味して考えると中小消費者金融の最低金利としては普通だと思います。

いつもなら最大60日間無利息でお金を借りることができる

アコムプロミスレイクALSAなど大手消費者金融では「30日間無利息」のサービスを行っていますが、いつものフリーローンはもっとお得で、最大60日間無利息でお金を借りることができます。

60日間無利息で借りられる可能性のある消費者金融は大手・中小ともなかなか見つけることはできないでしょう。

ただし、いつも公式サイトには「審査の内容によってはご希望に添えない場合がございます」と書かれているので、全員が60日間無利息で借りられるというわけではありません。

60日間無利息だと思いこんでいて、契約を確認したら違っていたということがないようにしたいですね。

個人個人の審査結果によって決まるものなので、こういう条件の人なら60日間無利息になる…といったことを事前に知ることはできません。

60日間無利息が適用されるかどうかは契約を結ぶ前の段階で、「いつも」の担当者の方にしっかりと確認するようにしてください。

いつもは即日融資を受けられる?

いつもは、即日融資が可能な消費者金融です。来店不要で振込によってその日に融資を受けることができます。

申し込みから振込融資までの時間は最短で45分となっていますが、誰もが45分でお金を借りられるというわけではありません。

審査は基本的には申し込んだ順に行われるので、申し込みが多くたてこんでいる時期には審査に時間がかかり、即日融資ができない可能性があります。

また、過去に債務整理歴があったり、延滞があったり、信用情報に何らかの傷があると審査がより慎重に行われるため時間がかかってしまいます。

どうしても即日融資してほしい方は、なるべく早めに申し込みをすることをおすすめします。

即日融資を受けるためには、予め必要書類を不備なく用意しておくようにしましょう。

また、即日融資といっても、申し込みが午後2時以降になると翌営業日の振込になってしまう可能性が高いです。即日融資を希望する場合は、余裕を持って午前中に「いつも」に申し込んだほうがベターだと思います。

いつも 審査の申込み方法・融資までの流れ

いつものフリーローンは、申し込み→審査→契約→カード発行・融資という流れになっています。ATMを利用せず振込で融資をしてもらう場合は、カード発行を待たなくて済みます。

いつも 審査申込み方法

インターネット、電話で「いつも」の審査に申し込みができます。

■インターネットから「いつも」に申し込む
パソコンやスマホ、携帯から、いつもの審査に申し込みをすることができます。ネット申込みは、24時間365日審査申込み受付をしています。

■電話で「いつも」に申し込む
いつもの場合、電話(0120-889-126)でも24時間、審査申し込みの受付をしています。オペレーターに相談しながら申し込むことができます。いつもの場合、女性オペレーターが対応してくれる女性専用ダイヤル(0120-126-315)も用意されています。

今回、質問をするために女性専用ではない通常の電話番号へ電話をしてみました。電話に出てくれたのは声の感じからして30~40代くらいと思われる男性でした。

いつものスタッフは、とびきり丁寧な対応というわけでも、雑な対応というわけでもなく、聞いたことに淡々と答えてくださる感じでした。

少し無機質でロボットのような返答の仕方であまり親身に話をきいてくれる感じではないのかなという印象を受けたものの、申し込みをすすめるような営業も一切ありませんでした。
電話に出るいつものオペレーターにもよるとおもいますが、女性でいろいろと相談をしたという方は、いつも女性専用ダイヤルのほうに電話したほうが話しやすいかも知れません。

電話の際、いつものスタッフに、フルネームで名前を聞かれましたので、「まだ申し込むと決めていないので」と言ってぼかすなどしてもいいと思います。

いつも ローン契約方法

いつもの審査に通ったあとに契約書類や本人確認書類等を提出します。

契約書類はメールで送ってもらって自宅のプリンターで印刷することもできますが、自宅で印刷するのは何かと不都合だという方はセブンイレブンのマルチプリンターからでも印刷が可能です。

マルチプリンターのタッチパネルにしたがって、「プリント」→「ネットプリント」→8桁のプリント予約番号を入力→ファイルのダウンロード→支払いと印刷(支払いにはnanacoか現金が使えます)という手順で印刷することができます。

そのままマルチプリンターで、いつもにFAXを送信することができるので、自宅のFAXや個人のメールを使いたくないという方にもおすすめの方法です。

白黒で1枚20円~、FAXは1枚50円です。

郵送で契約書類のやりとりをしていると、それだけで即日融資を受けることができなくなってしまいますし、家族と同居している場合で消費者金融を利用していると知られたくない場合にはいつ郵便物が届くか、家族が開けてしまわないかとヒヤヒヤしていなくてはいけません。

その点、必要書類の送受信がコンビニで完結できる「いつも」の契約方法は、契約の時間短縮にもなりますし、家族に知られてしまうリスクもかなり少ない契約方法だと思います。

いつもとの契約では郵便物が自宅に一切とどかない

契約書類をメールやFAXでやりとりし、自宅に契約書類が届かないようにしている消費者金融はいつも以外でもあります。

ただ、契約書類は届かなくても、ローンカードが自宅に届いてしまうという場合もあるので、郵便物が絶対に自宅に届いてほしくないという方はローンカードのある消費者金融を避けてしまったり、店舗でローンカードを受け取れるところでしか申し込みたくないと考えているかもしれません。

いつもの場合、いつも専用ATMを利用する場合はローンカードが必要になりますが、いつも専用ATMを利用しない場合(振込での融資を希望する場合)はローンカードは不要です。

そのため、ローンカードの利用を希望しないということを伝えれば、いつもから自宅にローンカードなどの郵便物が届くことは一切ありません。

いつもは在籍確認の電話をする?

融資をする前の段階で必ず在籍確認の電話があります。ただし、いつもを名乗ったりなど消費者金融からということが簡単にわかってしまうようなかけかたはせず、個人名を使うなどして配慮してかけてもらうことができます。

「いつも」から融資を受ける方法は?

<振込融資>
インターネットや電話から、指定する口座に振り込んでもらうことができます。いつものATMが生活圏内にない方や、生活圏内にあってもローンカードが未発行ですぐに融資を受けたい方は振込での融資を選ぶことになります。

<ATM融資>
いつも専用のローンカードを持っていれば、いつも専用ATMから申し込みと借り入れができます。営業時間は8:00~22:00(年中無休)です。

いつも 返済方法

いつもの場合、毎月決まった返済日に返済していくことになり、返済方法は3つありますが、全国から利用できる返済方法は「振込」のみになります。

■振込でいつもに返済する
いつもが指定する口座に振り込むことで返済が可能です。振込手数料が発生する場合は自分で負担する必要があります。

いつもは次の3つの銀行と提携しており事前にインターネットバンキングに登録しておくことで24時間返済が可能です。また、振込を行ったらすぐに反映されるというメリットがあります。

・四国銀行ネットバンキング
・楽天銀行ネットバンキング
・ジャパンネット銀行

■「いつも」のATMから返済する
「いつも」のATMから返済ができます。ATMの利用手数料は無料です。高知県に1つしかありませんが、営業時間は8:00~22:00(年中無休)となっているので、仕事帰りなどに行ける方は利用してみてもいいかもしれませんね。

■いつもの店頭で返済する
いつもの店頭でも返済が可能です。店頭では、いつものスタッフの方がマネープランの相談にものってくれるので、行動圏内に店舗があるという方で相談したいことがある場合は、店頭で返済をするのもよいかもしれませんね。

いつもは繰り上げ返済可能?

いつもは一部繰上返済や全額繰り上げ返済が可能で、手数料はかかりません。

繰り上げ返済をする場合には、事前に電話でいつもへ連絡してください。

利息が日割りで計算されるので、繰り上げ返済日にいくら用意すればよいのかについても電話で確認しておきましょう。

いつもから融資を受けるメリット・デメリット

いつもでお金を借りるメリットとデメリットをまとめました。振込で即日融資に対応しており、郵便物も一切届かず、少額を借りるには比較的低金利で、優良な中小消費者金融というイメージです。

いつもから融資を受けるメリット

■全国から利用が可能
…いつもは振込融資に対応しているので全国から借り入れ・返済が可能です。

■郵便物が一切届かない
…いつもなら契約書類やローンカードが届くことはありません。自宅のプリンターやFAX、個人のメールアドレスを使いたくなくても、必要書類の送受信をコンビニで完結させることもできます。

■即日融資に対応している
…いつもは即日融資可能です。最短45分で融資が受けられます。

■少額から借入可能で最高金利が良心的
…大手消費者金融の最高金利と同じくらいの金利でお金を借りることができます。10万円未満など少額の借り入れを考えている方には向いていると思います。

■60日間無利息サービス
大手消費者金融でも無利息サービスは行っていますが、ほとんどが30日間です。一方、いつもの無利息サービスは60日間なのでお得に融資を受けることができます。

いつもから融資を受けるデメリット

■融資上限額が50万円
…中小消費者金融でも100万円や200万円を上限にしているところが多く、融資上限額が50万円というのは少なめな印象です。大きな金額が必要な方には「いつも」は向いていません。

■ATMのメリットがあまりない
…いつも店舗には、ATMが併設されていますが、全国にありませんので、いつもの店舗周辺が行動圏内という方しかATMを利用できません。

営業時間が店舗より長く、店舗の人と対面しなくていいというだけで、大手消費者金融等のATMのように全国で利用可能というわけではないのです。

いつもの場合、せっかくATMがあるものの、ATMとしての利便性はあまり期待できないように思います。ただ、いつもの場合、融資は振込で受けることができますし、ATMを利用しなくてもインターネットバンキングを利用すれば返済に不便な思いをするということはないので、そこまで大きなデメリットと捉える必要はないかもしれませんね。